2014年 04月 08日

乙嫁語り 【レビュー】


e0117951_23394767.jpg
つい最近なんかの大賞になったとか

19世紀後半の中央アジア?辺りの人々を描いた作品

既刊は6巻までかな

乙嫁って文化なのかなーとか思ってたけど
乙嫁とは、「若いお嫁さん」、「美しいお嫁さん」、或いは、「可愛いお嫁さん」という意味の古語。らしいです

物語の始まりは

↑の表紙の子アミルがエイホン家のカルルクに嫁ぐところから
20歳なんだけどこの時代のこの地域では20歳ってのは嫁ぐのが遅いって感じ
実際夫になるカルルクは12歳

e0117951_23545519.png


乙嫁というように
誰かしらが嫁ぐお話になります
それで嫁いだ後の家庭環境であったり
様々な人々の思惑であったり事件であったりを見ていく感じのお話

一応このアミル、カルルクがいるエイホン家が主体にはなってますが
話に関わってこない時もあります

e0117951_00033176.png
こんな感じで色んな文化が見えます

@個人的には

e0117951_00114730.png
ご飯の描写が好きです(・v・ )


絵がすごい描き込まれてて綺麗なので
興味が持てたら読んでみては如何でしょう(・v・ )











[PR]

by aster-naru | 2014-04-08 23:16 | 現代視覚文化 | Comments(0)


<< アンケート8と究極レイランとか...      うさぎドロップ 【レビュー】 >>