naruの今を生きる

asternaru.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 23日

「Fate/stay night [Unlimited Blade Works]」#11


e0117951_01280513.jpg
ティーチャーのサーヴァントとの戦闘に辛くも勝利?した士郎達のその後
e0117951_01304264.jpg
時折出てくるこれは士郎の魔術回路の様子
久々の投影魔術使用っていう負荷だけでなく極限状態での使用だったから
魔術回路がオーバーヒート起こしてる感じかな
e0117951_01463595.jpg
葛木先生は病欠
ということで藤ねぇこと藤村先生が代わりに来てます
ちなみに藤ねぇの担当は英語

そして前回猛威を振るったティーチャーのサーヴァントこと葛木先生ですが
あくまであれは初見だから出来る芸当

同じことをしようとしても
士郎や凛はともかく セイバー相手にはまず勝てない

e0117951_01500674.jpg
そして体の異変によって凛との約束?を忘れる士郎
e0117951_01542116.jpg
当然押しかける凛
e0117951_02014433.jpg
ここの藤ねぇと士郎 完全に夫婦

一悶着ありますが
藤ねぇが口で勝てるわけもなく言い包められます
e0117951_02073595.jpg
ざるな印象があるかもしれませんが
衛宮家って魔術的な結界としてそこそこなものなんですよ

士郎という息子がいるのもあるし
第四次聖杯戦争の拠点ですからね

士郎がセイバーを召還出来たのも
切嗣が土蔵でセイバーを召還したときの魔方陣が残っててそれに反応したから出来たんですよ

zeroではセイバーの召還はアインツベルンの城でやってましたけど
その辺がzeroとの食い違いってやつです
e0117951_02211712.jpg
そして互いの話をしてる内に
凛が士郎の異常性に確信を持つ

というのもひよっこながら魔術師だから
多少変わっててもそういう家系なんだろう とか思えたんですが
魔術に対しての考えが根本的に魔術師としてはずれてることに気づくんです

自分が楽しいかどうか

なんて考えること自体が士郎からはすっ飛んでるというか
何においても周りが優先なんですよ

だから前回葛木との戦闘の時でも
自分が危険だから とかそういう考えではなく
あのまま自分が倒れたら凛が死んでしまう っていう状況だったから
自分の危険なんて度外視して投影魔術を使ったんですよ

周りの人間こそが最優先対象なのはもちろんこと
自分というものはそういうものだ という強迫観念に突き動かされている
だから士郎の正義の味方っていうのは最早呪いなんですよ

e0117951_02402832.jpg
そしてアーチャーにお使いを頼む凛

なんで半身が麻痺してるかっていうと
魔術回路ってのは通常時は神経と同化しているので
その魔術回路がオーバーヒートして麻痺したから神経もそれに引きずられている という状態

それをアーチャーが正常に戻した ということ

士郎の魔術師としての才能は決して悪くない
凛とかには及びませんがきちんと鍛えればそこそこの魔術師にはなれたはず

ただ教えてくれる人もおらず
士郎は士郎で特殊な事情を抱えてるから今のへっぽこ魔術師状態
まぁこれから徐々に覚醒していきますけどね

そしてアーチャーとの問答

凛がやっと気づいた士郎の異常性を
一見して士郎の状態を理解しているアーチャー
e0117951_02534232.jpg
そして次回 皆の台詞が意味深ですね

[PR]

by aster-naru | 2014-12-23 02:54 | 現代視覚文化 | Comments(0)


<< グリザイアの果実 Episod...      ログ・ホライズン 2期12話「... >>