2014年 12月 24日

グリザイアの果実 Episode:12【続々・天音回】


e0117951_01490472.jpg
さぁ天音回3話目
e0117951_01501647.jpg
いきなり泡吹いて倒れるアニメってなかなか見られない
ちなみにこの子は手に首輪巻いてるように犬連れてた子ね
e0117951_01514303.jpg
バスケ部の面子はこんな感じです(天音がいないけど

皆が極限状態

腹部裂傷の子もやはり感染症にかかってしまう
両足骨折の子は前回の天音のやりとりで分かるようにもう生きる気力がない

e0117951_01550814.jpg
それでも まだ地獄ではない と呟く一姫
実際まだこの時には一姫は皆を助けるにはどうしたらいいかを必死に考えてます

ただし 「まだ」地獄ではない……

e0117951_01590033.jpg
そして成果を得られず帰還する先生
まぁ皆先生が外に出て救助を呼んでくるってのを期待してた訳ではないんだけどね

それでも宝くじみたいなもので、もしかしたらって微かな希望を抱いてたのが
この帰還でもうどうにもならないという絶望感が強まるという状態

e0117951_02020994.jpg
そしてついに事切れる子が出る

ここでの天音の心の独白?ってのがなかなかホラーですよね

誰かが言い出せば仕方ない ってのは
誰かが(食べよう)と言い出せば(食べるのも)仕方ない 

ってことですよ

ちょうどタイミング的に 
ペットの犬が死んじゃった後なので
皆言わないけど同じことを思っている訳ですよ

それでも人であるためにその一線を越えてはならない
だから誰も言わないんですよ

そして天音はそれを自覚してまだ泣ける状態にあるんですよ
だから仮にもし食べようと誰かが言った場合でも
天音は恐らく躊躇して食べないことを選択する状態

しかし他の子達は……

その天音も次には涙は出ない と

e0117951_02094984.jpg
そして先生が鹿を捕らえた と食事が出来る……

この弱った状態で何の道具もなしにタイミング良く鹿を捕らえる……

しかし一姫はそれを拒絶すし天音もそれに続く

一姫は完全にもう分かっていう状態
天音は分かってないんだけど一姫の態度やら何かがおかしいという違和感で
まぁなによりも一姫に対する信頼が大きいんだけどね

e0117951_02153219.jpg
そして突然 ここを脱出しようと天音に提案する一姫

一姫が最初から言ってたとおり体力がある内に本来はすべきことだったんですが
一姫は全員が助かる方法を模索していたので
怪我人がいる以上脱出するのは厳しいという判断をしていたんです

しかしここで助けようとしたバスケ部の面々は鬼になってしまった と

ならばここに居続けても彼らを助けられないし
天音を助けることも出来なくなるから決断したんです

e0117951_02200098.jpg
そして天音に真実を教えるために
狩りにでかけた先生の後を追うとそこには……

あの時先生が持ってきたのは人の肉だったんですね

ここ腕に首輪があるからあの子ですね
それが今ここにあるということは

最初に亡くなった両足骨折の子の肉だった訳ですね

ここで部長が 殺して と言っているのは
これが禁忌だと分かっているから
そして天音と一姫は食べていない 

つまり仮に救助が来て助かったところで
このことをばらされたらという意識があるからだったかな

ということで一応正常な思考も残ってます
ただそれ以上にこの極限状態を共に過ごした仲間だろうと
何故お前らはこちら側に染まらない?という意識の方が強いんだったかな
e0117951_02321793.jpg
他の子達も似たような思いで捕まえようとしてます

簡単に追いつかれてしまうのも
天音と一姫は何も食べてないからね

他の子達は一応エネルギー源を得ているしどこかおかしくなっちゃってるから
脳のリミッターがぶっ飛んでるでしょうね
e0117951_02373625.jpg
そして生きることを諦めかけている天音を逃がすために囮になるという一姫

そして天音回の一番最初に
一姫の腕の怪我は自分の所為じゃないかと天音が自分を責めてる時に
何かあったら私の命令を拒否せず聞きなさいって約束をしてたでしょう

このときに逃げろっていう命令をした訳ですよ

@隠していた食料っていうあれで
ニンジンって一姫が盗ったの?的なコメントがあったけど
ニンジンは本当に犯人不明

一姫が隠していた食料ってのは
バス転落時にまだ皆が混乱してる時にバスの中探索して
死んじゃった子とかの荷物の中からお菓子とかを拝借してたんだったかな

塩については前回も書いたけど
配給された塩を節約して使えと天音に指示してその余りを取っておいたんですよ

そんでもってなぜ天音を助けようと思ったかは
もちろん友達になったのもあるんですけど
雄二の良きパートナーになれるんじゃないか って思ってたんじゃなかったかな
だから天音は絶対に助けようとしてたはず
この時の雄二は天音のように弱気というか内向的な感じだから気が合う的なね

e0117951_02481848.jpg
そして脱出に成功する天音
実際遭難した場所からまっすぐ進めたのであればすぐ出られるような環境だったんですよ

ただし森が深いので方向感覚が掴めずグルグル周ってしまうっていうあれです

そして泣きながらキャベツを食べてるところを保護される
e0117951_02511779.jpg
あの極限状態をなんとか生き延びたというのに
待っていたのはまた地獄

最後の一線は守り人として生還した天音ですが
周りがそう見てくれるかどうかは別問題

そして壊れかけた天音が求めたのは罰

元から自罰的な面も持ってたんだけど
こんな状態になったらそういう風に思考してしまうのも仕方ない

そしてその役に相応しい雄二と出会う 
e0117951_03010629.jpg
そして全てを告げ
文字通りの意味でなんでもする という天音

この辺の問答が一姫と天音の最初の問答と似てるよね
雄二も一姫を意識してたんでしょうか

e0117951_03054100.jpg
そして一姫は本当に死んだのか

人参のトリックはほぼこのためだね
DNA鑑定すれば一発なんだけども
死体があまりにも悲惨だったから確かしなかったんじゃなかったかな

でもってパッと分かる死体数と遭難数?が一致してるんであればわざわざしないよね
e0117951_03083749.jpg
そして軽く言ってるけど
天音にしたら最上級のトラウマの地へ行こうと言ってるんですよ

アニメだからさらっと流れてるけど
それだけ自分を許せるようになっているというか
雄二との日々がそこそこの期間あったのでそれを克服しようとしてる訳です
e0117951_03111254.jpg
向かう途中 坂下 と名乗る謎の男性と出会う

ただの一般人である天音を有名だという
天音が名が知れていると言えば……あの事件しかなくて……

まぁ上にキャラ紹介の画像貼ってますよね?
あそこに坂下って苗字のキャラいますよね?
つまりはそういうこと

雄二が気づけないのは
日記であの事件を知っただけなので
日記には部長と書かれていたから気づきようがないんですよ

それでもおかしな雰囲気は察してますね


EDの表現がまた変わるて 
天音優遇半端ない 
e0117951_03194873.jpg
まぁ石榴が何を表しているか分かりますね

皿の上に載せられた石榴
e0117951_03212662.jpg
鬼になってしまった子達は…
e0117951_03241912.jpg
と 一応天音ルートはもうちょい続きます
この後の選択肢で多少分岐するんですが、まぁ多分良いとこ取りするでしょうから
広岡さんの恩返しが見れるんじゃないかな

まぁそれでも1話分の尺はないと思うから
Aパートで天音ルート締めて
Bパートで皆でわいわいとか
あるいはもし迷宮とか楽園を作るっていう構想があるならば

雄二の過去回想というか 雄二がなんで皆を助けようとしてたのか
とかその辺が語られるんじゃないかなー


おまけ
e0117951_03372312.png
とあるところで拾ってきた画像

こんな感じで完全に森なんですよ
ベースキャンプのところだけ若干開けてますけどね

そんでもって2週間もあって捜索隊が来ないのか ってのは
通るはずじゃないルートでの事故なので捜索する場所がずれちゃってるんですね

まぁそういう諸々を含めて 先生無能 と言われても仕方ないね

まぁこのMAPも色々おかしなところもありますが
やっぱりねある程度はしょうがない

遭難モノに対して、いや捜索隊が普通来るからって気持ちもわからなくはないけど
じゃあこれが1日目2日目に捜索隊がやってきて助かりました って話が見たいんですかっていうこと

そんな都合の良い場所あるかー って思わなくもないですけど
ピンク色の髪が地毛な世界なんだから深く考えてはいけない


[PR]

by aster-naru | 2014-12-24 03:26 | 現代視覚文化 | Comments(0)


<< プリ子の排熱機構【足柄改二】      「Fate/stay nigh... >>