naruの今を生きる

asternaru.exblog.jp
ブログトップ

2014年 11月 02日 ( 1 )


2014年 11月 02日

ログ・ホライズン 2期5話「クリスマス・イブ」【記録の地平線】

e0117951_22162593.png
前回に引き続きアキバ編

e0117951_22530465.jpg
新聞が出来てるという描写いいねっ



最初の冒険者達は
殺人鬼?が現われているのでパトロール隊

最初は通り魔?のようなもので
街中での戦闘という 
本来ならあり得ない状況なので
上手く立ち回れなかったような描写とも受け取れるんだけど

きちんと対策したうえで 多対1ですら相手が圧倒している事実を突きつけられて

円卓会議でどうしようか って思ってるとこですね


そして
身内が傷つけられたのでソウジロウがキレます

1期とかここまでのソウジロウだけを見てると
ただのハーレム系優男に見えますが

どっちかって言うと頭おかしい系に入るので
ここでやっと本性が少し見えます
e0117951_22295536.png
ログホラの外伝 西風の旅団編での1ページ

カズ彦さんかシロエなら~ って言ってますが

カズ彦もこの世界にはいます
もちろん茶会のメンバー
この世界にいて絡みがないということは・・・

まぁ ミナミ にいるんですよ
つまりはそういうこと


さて閑話休題

ソウジロウのギルドが
殺人鬼を捕捉したところで

レイネシアと菫星の会話シーン

あれ 菫星 って今シロエとかが行ってる雪山にいなかったっけ? 
と 思ったそこのあなた 正解!
まぁ要はここはゲーム的なお話で
一応NPCですからね 複数の場に存在出来る?みたいな感じかな

動力甲冑=ムーバブルアーマー

魔力を動力として大地人であっても冒険者を圧倒する戦闘力を得る装備ってとこですかね

戦闘行動が駄目な街中で何故衛兵が来ないか
襲ってるのが衛兵扱いだからですね

一応設定としては レベル100~110相当だったかな?
今のこのログホラの世界の冒険者のキャップは100lv 
と言ってもガンガンレイドをやっているシルバーソードですらそこに到達してない訳なので
冒険者側でカンストしてる人はいないんじゃないかな

一応殺人鬼は サムライの94lvということになってます
ソウジロウも同じくサムライ レベルは93lv 

動力源はアキバの防衛システムそのものなので
今回の殺人鬼対策として
その防衛システムを停止した場合 
殺人鬼は大幅劣化するはずだが、
防衛システムそのものが落ちるので
結局アキバを危険に晒す と打つ手なし


そしてアカツキとの会話

これまでアカツキはシロエと一応直継以外にはあまり心を開いてないんですよ
その後ログホライズンのメンバーとはそこそこ交流はしてますが

あまり他人には心を開いてない
だけどレイネシアのあり方とかを見て
そしてこのままではアキバでの事件を解決できない

ということでアカツキも変わっていくんですね

「頑張っているのを見てたから」

このときのアカツキの精一杯の励ましというか
心を開いていく描写ですね


さぁ ソウジロウ対殺人鬼
e0117951_22591660.png
ソウジロウと1lv差にも関わらず

多対1でも歯が立たない

そしてとてもサムライとは思えないスキル

更にはソウジロウは
口伝 天眼通 という特殊スキル?を使ってなお押されている

天眼通は要は相手のモーションが事前にある程度見えるってとこでしょうか

それでもなおギリギリってことは
速度差が半端ないってことですよ

ここにアカツキ現る

そして ナズナはカンナギなので
ダメージ遮断魔法をかけてます
e0117951_23045410.png
にも関わらず
一撃で障壁を破り瀕死のダメージ

アサシンだからHPが低いってのもあるんだけど
速度だけではなく攻撃力もおかしい 状態

刀に注目したのは
アカツキが欲しがってた刀があったよね?
だから注目してるんですよ



詰んでる状況だと ソウジロウも気づいてるんですよ
だけどナズナ達を逃がすには と色々考えてた訳ですね

そこにアカツキが来た と

そして口伝の教授シーン
ここいいよなぁ

ボクも先輩の後輩にくらい、少しは贈り物をしないと

といっても、言えることなんてたいしてないんですけどね

よく見て、よく聞くこと

強く望み、そのために考え続けること。諦めずに、鍛錬を続けること

……ほんと情けないくらいなんの説明にもなってないですけど。これが“口伝”のすべてです


しかし これでもなお殺人鬼には届かない と

口伝についてはそのうち詳しくやると思いますが
教えられたからって覚えられるものじゃないんですよ

自分で気づき自分の技にする みたいなものなので

例えばここでソウジロウが丁寧に天眼通のことを説明しても
それをアカツキが覚えられるかどうかは別の問題なんですよ

というかそもそも口伝を丁寧に説明ってのが無理があるからね


さて 殺人鬼が強すぎますが
簡単に言うと レイドボスみたいなものになってるので
今シロエ達がやってるように24人で挑むレベルのステータス
それも嫌らしい能力付きなので24人で挑むことは解決に繋がらないんですよ

ここでひとまずアカツキが神殿送りですね


そしてレイド戦へ

こちらも補給態勢がどうのって言うレベルじゃない
絶望的な状況に陥ってます 

重要なのは直継の目線ね 

そして シロエも神殿送り

これで1話だっけ?の2人で浜辺みたいなとこ歩いてたシーンに繋がる訳です

e0117951_23201459.png
要はリスポの描写みたいなもの?

ここからの復活で2人は再起する訳ですよ

レイド戦の方での
ウィリアムの演説?じゃないけど 
仲間達にもう一度挑もうって決起するあのシーンが楽しみ

e0117951_23223173.jpg
夜明けの迷い子 ってのは6章のタイトルですね
アキバ編が解決なのか? 1話じゃ足らないよなぁ

迷い子はアカツキを指しつつ レイネシアも指してるのかな









[PR]

by aster-naru | 2014-11-02 00:00 | ネトゲ | Comments(0)