2014年 11月 11日 ( 1 )


2014年 11月 11日

「Fate/stay night [Unlimited Blade Works]」#05



最初は士郎と切嗣の回想シーンから
切嗣を爺さんと呼んでるけど
本来爺さんって年じゃないんだけどね(享年34歳だっけ?
e0117951_00182854.jpg

前回の第四次聖杯戦争で最後にとある泥?を浴びているので
死病に侵されている状態みたいなものなので
まるで爺さんのようにやつれて衰えていたので士郎は爺さんと呼んでるんです

遺言ではないけど 
遺志を士郎に残せたからこれで死んでしまったのかもね

ここの正義の味方って言うのがね

士郎が正義の味方キチガイになった理由というかね
まるで呪いの如く士郎を縛っているものですね(本人は無自覚
その果てが……

ちなみに原作でもこのシーンはあります
だから切嗣の初出はzeroではなくstay nightの時点で多少の情報は出てました

どんな魔術師で~ とか その辺はzeroで始めて語られたんだったかな


さて まずは朝ごはん
e0117951_00191364.jpg
もっきゅもっきゅ食べてるセイバー可愛い
そら腹ペコ王とか言われますわ
e0117951_00193351.jpg
士郎と桜が主婦(夫)スキルが高過ぎるのが悪いね うん

そして非日常を何度も経験しているのに
いつも通り過ごそうとする士郎

がっくりセイバー
e0117951_00195837.jpg
危険だと判断したら令呪を使ってください
ああ(使うとは言っていない


そして学校で凛と出会う

今度会ったら殺すからと言われた相手へ挨拶

そら凛もこんな顔になる
e0117951_00201843.jpg

そして美綴が行方不明に
e0117951_23244256.jpg
美綴ってのはちょくちょく士郎とか凛に絡んできてた↑
茶髪の式とかよく言われてるね

そして容疑者というか参考人として
ワカメこと慎二を探す事に
桜の兄ということでまずは桜に聞いてますね

次は三人娘へ
1話かなんかで士郎を慎二だと思って話しかけてきてた三人組ですね

そして意味深な凛のカットイン

士郎はもう正義の味方モードに入ってるので
自分が危険とかそんなものどこ吹く風です

そこで激おこな凛が
宣言していた通り殺しに来ます
e0117951_00204436.jpg
凛の左腕の紋様は魔術刻印
これは魔術師の家系が代々受け継ぐもので
その家の特徴というかね 修練の結果というか

zeroでケイネス先生が歴史がある魔術師程価値があるってのの一因

まぁもっと言うとfateの世界における魔術師の最終目的は根源へ至ること
だけどその根源に至るってのが非常に難しいというか
そもそも1代では成し得ない事みたいな感じなので
代々続く魔術師の家系程根源に近づいてる的な感じです

でもって士郎はちゃんとした衛宮の後継者ではないのでこの魔術刻印を持ってません
切嗣にしてもイレギュラーな継承だしね


さて話を戻して
この前もちょろっと書いたけど本来はガンドって呪いで
相手を弱化させるようなものなんだけど

凛のそれは物理的破壊力を持つっていう規格外の代物
e0117951_00242190.jpg
と殺そうとしてるように見えて
最初に綺礼のとこに連れて行った時に言ってるように
凛はあまり殺して片付ける気はないんですよ
それこそ同じ学校の生徒だからね 
むしろ遠坂家はこの辺りの土地を管理する家なので守りたい的な意思も持ってます

だからここでのBADENDは
士郎の記憶と魔術関連を抜いて一般人にして的なENDだった気がする

e0117951_00245310.png
凛の詠唱は基本ドイツ語だったかな

「Das Schließen! Vogelkäfig, Echo!」準備。防音、終了

教室を防音結界にする詠唱

「Fixierung, Eilesalve!」狙え、一斉射撃!

そしてガンドの一斉射撃 詠唱

そして士郎の詠唱は基本的に全部 トレース・オン です 
ただ漢字の当て方にいくつかって
こだと強化の魔術だから
同調、開始でトレース・オン って読ませてるはず
e0117951_00252368.jpg
士郎は魔術師としてへっぽこなので
ここも単純に机を強化して硬くしてるだけ

そして折れた机の足を強化
e0117951_00260581.jpg
ここの士郎の手に出てるのは魔術回路(not刻印
e0117951_00264037.png
凛がちょくちょくブースト時に足に見えてるのも魔術回路

これは刻印と違って術者本人が持ってるもの
要は才能で保有数が決まるもの(魔術師の家系だと体弄ってなるべく増やそうとはしてるけど

とは言っても士郎は本当に魔術の知識もからっきしなので
土蔵でやってるあの魔術の修練は自殺行為そのもの
多分そのうちこの辺の描写はされると思う


さて閑話休題
宝石魔術による追加攻撃
で凛というか遠坂家を象徴するドジっこアピールというかね

神秘の秘匿とは一体

残っていた生徒に光を見られてしまい
そしてそれを見ている謎の男と紫髪のサーヴァント
e0117951_00312456.jpg

対峙する士郎と凛

ここでさっきの生徒の悲鳴が聞こえるんだけど
今殺されかけた相手にすぐさま背中を見せてそちらへ行く辺りが
士郎の正義の味方になるっていう呪いを表している

そして介抱してるところへの襲撃
e0117951_00314931.jpg
ここの士郎の
痛い とんでもなく痛い と言いつつ
考えてるのはこんなもので凛に攻撃したことに怒ってるんですよ

そして襲撃者のもとへ
e0117951_00323239.jpg
ここよく見ると左上に人影がありますね

そして現われるサーヴァント

士郎が善戦してるように見えますが
そもそもこのサーヴァント自体が乗り気ではない点

マスターが士郎以下の魔術師というか魔術を修めてすらいないので問題外
ということで大分能力が落ちてる状態なんですね
e0117951_00484714.jpg
それと遊び半分なのは
もう既に捕まえているから 
最初のあの杭が腕に刺さりっぱなしだからね
e0117951_00491346.jpg
間一髪
凛の助けで一命を取り留める士郎

謎のサーヴァントは何処かへ消える

なんとか助かってめでたしめでたし と思いきや
e0117951_00521463.jpg
さっきの続きをするのか と問う士郎

この辺も士郎の異常性が垣間見えているよね

凛は毒気を抜かれている状態だし
何度も何度も借りが出来ているからね

とりあえず手当てということで自宅に招き
そこで休戦を提案する

ちなみにあの家に一人暮らし
アーチャーは家政婦

e0117951_00554304.jpg
ナチュラルに口説く知ろうに堕ちる凛
なんだかんだ何度も助けられてるからね そらしょうがない

そして雑談の最中 
自分の魔術をさらけ出す士郎

さらに
魔術なんて隠すものじゃない発言

e0117951_00574891.jpg
凛げきおこ

と言ってもね
普通の魔術師なら激怒するようなことを言ってます

魔術は秘匿するもの ってのが魔術師の大前提なのです


そんでもって↑でもちょろっと触れたけど
魔術師ってのは自分の成果やらをきちんと次代へ継いでいく必要があるのに
凛目線で今の会話を見るとそれを怠っている訳で
だから怒ってるんですね

時臣も急逝なんだけど
きっちり魔術刻印を次代の凛へ移す準備とかをしていたので
時間はかかったものの凛はきっちり受け継いでます(死体からでも受け継ぎは可能なのでね

士郎はそもそも血の繋がりがないし
切嗣自体も変則的な継ぎ方をしているしね

まぁ実際切嗣は実際自分を魔術師として見てないだろうからね


そんでもってここでの凛の語りは

魔術師の家系ってのは普通の家とは
親子の関係性すら違うってことね

凛は自分が魔術師だってことに誇りを持ってるし
それが間違っていることではないって思ってるけども

それでも魔術師の家に生まれたが故の苦悩があるわけで

例えば凛の場合で言えば
幼くして両親を失い、それでも遠坂系の後継ぎとして泣いてもいられない
それに家の問題もね 解決してないところもいくらでもあるし

だから魔術師にはそういう義務があるっていう意識が根底にあるから
ここでの士郎の物言いと切嗣のあり方に怒ってるわけですね


だけど そこできっちり考えをまとめて
ただ怒るんじゃなくて

切嗣は魔術師ではなくあなたの父親として生きたのよ 

ってまとめる辺り 凛はいいなー

ちなみにzeroを知ってると
イリヤはどうなんだってなるけど

ちゃんと引き取るというか 助けには行ってるんですよ

ただ泥を被って自身のスペックががた落ちしてるし
勝利を目前にして聖杯をぶっ壊す命令をした切嗣を
アインツベルンが嫌っていると言うか契約からすれば完全なる裏切りだから
イリヤに会わす訳もなく門前払い

それでもってあることないことをイリヤに伝えてる訳ですよ
切嗣はお前を捨てていったとかね

だからイリヤは切嗣とそして士郎を狙ってるんですね 
切嗣はもう死んじゃってるからね
ただその裏に別の感情もあって……




[PR]

by aster-naru | 2014-11-11 01:18 | 現代視覚文化 | Comments(0)