naruの今を生きる

asternaru.exblog.jp
ブログトップ

2014年 12月 04日 ( 2 )


2014年 12月 04日

Prinz Eugen改【Feuer!Feuer! Feuer!!】

e0117951_21331497.jpg
さて今更ですがプリ子の改 

艤装の砲が青色にそして服が明細柄になってますね
@はもちろん時報が追加されます
e0117951_21403579.png
改造lvは45 改にしては改造費高め?(重巡てこんなもんだっけ

性能的には装甲耐久雷装が高め 火力対空が控えめ
それでいて若干燃費が高め  
と言っても誤差と言えば誤差なので見た目やら愛という最強補正の前では無関係

持ってくる装備はプリ子砲と機銃 そして
e0117951_21450678.png
e0117951_21451631.png
SKC34 20.3cm連装砲は命中補正がどの程度のものかにもよるけど
今後の連合艦隊戦でいい装備になるかもしれませんね

そして更に なんと言っても
e0117951_21462687.png
脅威の性能を誇るFuMO25 レーダー

全ての電探を過去にする

と言っても過言ではないスペック
図鑑説明にすら
>残念ながら、我が連合艦隊に装備された電探よりスペックは高い 
と書かれるほど

本来なら駆逐艦にも積めるサイズらしいけどバランスを考えたのか大型電探扱い

それと対空カットインも可能らしいので
14号電探同様 対空電探扱い 
正しく現状最高性能の電探と言っていい

手に入れたらロックして誤破棄のないようにしましょう

今更だけどビス子dreiが持ってきても良かったよね
てかタイミングの問題だよね
今dreiが実装されたら設計図2枚必要な改装なんだしまず持ってくるよね

可能性的には薄いと思いますがzweiが来たら嬉しいな
見た目としてはフミカネ氏からツイッターで語られてますね

他にも
e0117951_22013261.jpg
帽子とソックスの長さで艦種を区別してるとかなんとか
e0117951_22132190.jpg
ざっと並べるとこんな感じ

Light Cruiserも一応考えてあるんですね
今後のドイツ艦に期待 
と言ってもなー 
次のドイツ艦はやっぱりシャルンホストがいいなー

ちなみに私の鎮守府ではドイツ艦はこんな感じ
e0117951_22454221.png
プリ子はこれから優先的に使っていくだろうからカンストしたらどうしようかなー
e0117951_22464475.jpg
プリ子を改にしたからドイツ艦ページが埋まりました 綺麗だね



プリ子のおまけ
e0117951_22170362.jpg
e0117951_22173468.jpg
パンツじゃないから(ry(パンツじゃないとは言っていない
e0117951_22191726.jpg
中破絵は修理済みか

と 絵師は○○じゃないとやっていけない宿命なんだろう(白目



[PR]

by aster-naru | 2014-12-04 22:38 | ネトゲ | Comments(0)
2014年 12月 04日

蒼の彼方のフォーリズム【感想】

e0117951_23244226.jpg
さて発売前にアニメ化が決まるという 
蒼の彼方のフォーリズム プレイしました
延期しなければもっと早い発売だっただろうからその辺のアレですかね

久々にPCゲーをやりきった
キャラも活き活きしてたし
ストーリーの展開もいい感じで面白かったです

世界観的には近未来モノかな?

グラシュ こと アンチグラビトンシューズ というものがある世界

簡単に言うと反重力の膜を発生させ
それで体全体を包んで浮く状態を作り
加速減速と言った飛ぶ力についてはリニアモーターカーのように
その膜の形状を変えて引き合う力と反発する力を上手く使ってるって感じ
e0117951_23312841.jpg
それでもって
FC(フライングサーカス)という空を飛んで競うスポーツがある世界
e0117951_23344952.jpg
どんなスポーツかは割りと最初の方で佐藤院さんが簡単に説明してくれますが
試合とかでその都度説明が入るので特に予備知識なくても楽しめます

簡単に言うと空に4つのブイが浮いていてそこを時計回りで飛行するというもの
得点方法は ブイにタッチするor相手の背中をタッチする の2つ

制限時間内に稼いだ得点の多い方が勝ち

ブイに関しては先に触れたほうのみがポイント
1個目のブイに触れたら次は2個目のブイをどちらが先に触れるかという勝負

とまぁショートカットが出来たりとか細かいルールというかセオリーはあるんですが
全部書いてたらキリがないので
体験版か公式が3話部分までプレイムービーを公開してるのでそれを見るのが手っ取り早い

そんなFCというスポーツと空?がテーマなのかな

そこでかつての有望選手だった
主人公日向昌也が倉科明日香と出会って
青柳紫苑しかいなかったFC部に入部して色々巻き起こる

といった感じのストーリー

回想やら色んなとこで
主人公は実はすごい選手だった的なのは幾度となく出てくるんだけど
主人公が選手として誰かと戦うって展開はないです
再起して強大な相手に立ち向かうってストーリーも王道だけど
ヒロインが成長して主人公の夢の先に行くって感じかな
その時に主人公もまた立ち上がる というかね

ファンディスクでもし主人公が高藤に行ってたらとか見てみたいけど
恋チョコの時もいくらでもファンディスクなんて作れたろうに作ってないからなー

推奨ルート順は 莉佳→真白→みさき→明日香 かなー
私はほぼ真逆の明日香→真白→莉佳→みさきでやっちゃいましたけど
↑の方がストーリーの展開的に多分正しい

というのも ライバルというか
立ちはだかる相手として乾沙希ってのがいるんですけど
莉佳と真白だとその相手と戦わないからね
だから主人公の回想とかも少なめかな(なくはないけど

キャラはどのこも活き活きしてて可愛い

さて感想


e0117951_00143559.png
莉佳ルートは
そもそも通ってる学校が違うから展開がある程度限定されちゃうよね
その影響か強豪の高藤学園で1年生でレギュラーっていう凄い選手のはずなのに
いまいち凄さに欠ける感があった(まぁみさき明日香が比較対象ってのもあるんだけど
性格が真面目ってのもあるんだろうけどこじんまりしちゃった感じ
あとは相手が乾沙希ではなく
莉佳ルートのために存在してるようなものの黒渕霞という選手
共通部の夏の大会でちょろっと反則とかをするラフプレイスタイルの選手って説明されるんだけど
この莉佳ルート以外では話に関わってこないからこれまた影が薄い

@はやっぱり色んなところで主人公の行動に違和感が見えてしまうのが残念
やっぱり他校の選手のコーチを引き受けるのもそうだし
黒渕霞が危険行為をして危ない選手だって分かってるのに
そのまま試合させて怪我ってシーンも 
一応理由というかその場その場ではなんとなくそんな行動を取ってしまうのはしょうがないかなー
とも思うんですが違和感が多少は残る

気になったのはそれぐらいであとはいい感じでした

もし現実にこんなスポーツがあったら
どうやったら上手く飛べるのか 相手に勝てるのか とか
上手くいかない時どうしたらいいのか とか
言い方があれだけど普通の苦悩を描いたルートかな って感じです

e0117951_00172077.png
真白ルートは
まず真白が最初はそこまでFCに興味を持ってないってところから始まっていくので
こちらも相手は乾沙希ではないですね
真白も莉佳同様もし現実にあったら
普通の人はこんな感じでFCに興味を持って努力して成長していくんだろうな って感じのお話
ただ真白は莉佳のように自主的にではなく
みさきと一緒だから部活に入るという感じなので最初はみさき>FCという状態

主人公がコーチをしてる中で勝たせてやるって約束をするんだけど
夏の大会では勝てなかったんですよ
実際準備期間も短かったし相手も強かったのでしょうがないと言えばしょうがないんですが

それで夏休みに入るときにみさきは半分退部状態になっちゃって
みさきが入ったから一緒に入っていた状態の真白だったんだけど
主人公との約束があるからどうしようかってなって色々もやもやしてる中
段々主人公>みさき とみさきよりも主人公に好意を持ち出して~って感じ

最初からみさきに対しての好意がすごいんだけど
みさきは袖にしてたっていうとあれだけどまぁ女同士だから友達という一線を守ってたところに
主人公にその好意が向くから一番ヒロインというか女の子してる感じ

e0117951_00365152.png
みさきルートは
初めから高スペックなところを見せるんだけどその分気分屋ってキャラなんだけど
夏の大会で真道さんだったり明日香だったり乾沙希だったりの凄いところを見て
心が折れるというか 厳密には折れてないんだけど
感覚で戦ってるのでこのまま続けてもいずれ明日香に追いつかれ追い抜かれる
そういった焦燥感だったり嫉妬だったりが入り混じってFCそのものをやめちゃおうとするんですよ

そこで主人公もFCをやめてる身だし共感して根気強くサポートしようとする最中
主人公とみさきの共通点みたいのが見えてきてお互いに強い連帯感が生まれるんですよ

それでお互いのことを知りFCを続けることが
自分のためだけでなく主人公のためにもなることに気づいて

気分屋だったみさきが猛練習してそして乾沙希と明日香と戦うというお話

みさきのお話は天才故の苦悩というか
ある程度出来るものだから見えてしまう才能の差であったり
賢いというかずる賢いというか逃げ道とか予防線を用意してしまったり
そういったものと立ち向かって勝ちたい!と真摯に思えるように頑張るお話かな

主人公の回想も大分入るので
主人公のトラウマ克服というかね そういったシーンも多め

@は覆面選手の出番ここだね
あれは恋チョコとのあれなのかとか思ったけど
恋チョコって高藤学園だから噛み合わないし驚きの正体
e0117951_00501259.png
明日香ルートは
なんというか明日香自体が本当に規格外
天然の天才ってこういうものなんだな っていうキャラ

なにせ主人公と会った時に初めて飛行したっていうのに
夏の大会でも1勝し
夏の大会決勝の真道vs乾の他の選手が驚愕してる中
1人だけFCってなんてすごいんだろうって笑顔でいるという規格外

そんな明日香が如何にして乾沙希に勝つかっていうお話ですね

底抜けに明るいキャラなので
苦悩というような面はあんまりない
周りがやきもきする中明日香だけは常に明るくFCを楽しもうとしてる

だから明日香ルートでの苦悩ってのは
大体が主人公のトラウマ

どうして選手をやめたのか
どうして今なお飛ぼうとしないのか 

そういったのを明日香と一緒に乗り越えていくみたいな

主人公の回想の度合いとしてはみさきとトントンなんだけど
克服って意味だと明日香ルートが一番かな


そんな感じですかね

サブキャラも全員いいよ

部長もその妹も本当にいいキャラしてるし
葵先生とかも随所で輝く
いまなお世界で戦える選手なのになぜ教師をしているのか とかね

3話部分まではプレイムービーがあるのでそれを見て興味が持てたらやってみるといいんじゃないかな

体験版も多分3話部分までかな?

3話までだと夏の大会直前までですね
高藤との合同合宿が終わり、日本に乾沙希が来るってとこで終わりかな



[PR]

by aster-naru | 2014-12-04 01:06 | 現代視覚文化 | Comments(0)