<   2012年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2012年 07月 31日

グリーンドラゴンカラハン 5R 6R

さて なんか目が覚めてしまったから続き書くよっ

さっさ書かないと 
タイフーンネストやらプロフェッサーネストやら書けないから
駆け足でいくよっ


とりあえず
グリーンドラゴンネストのwikiは見とこう 



5R カラハン(人間形態)

e0117951_84461.jpg


ステージ四方に4種の花があるステージ

基本的に全体魔法と大魔法以外は食らっても即死しない

全体魔法と大魔法は後でまとめて説明します

予備動作も割りと分かりやすいものが多く、スキル別に台詞も決まってるので
きちんと確認しておくこと

最初の1Gを削るまでは特に気をつける攻撃はない

3Gに入ると 全体魔法2種(赤、青)のフラグがたち
なにかの攻撃モーションでもない限りすぐさま全体魔法が来る

全体魔法はこの後 早ければ90秒(赤青) 遅くても150秒(緑紫)後に再使用フラグがたつ


また3Gに入ると
アイシクルエッジ、フレイムロードが追加される

どちらも魔職なら食らっても大した問題にはならないが
魔防が低い職は全弾受けると溶ける可能性あり

アイシクルエッジ
「ウッヘヘヘ・・・アーハハハハ、アーッハッハッハッハ」
という笑い声がこのスキルの台詞 
スパイクも最初は笑い声だが、すぐに「凍れぇ!」と台詞が入るので笑い続けたらエッジ確定
キャラの足元からエッジが生えてきて追尾する 動き続ければまず当たらない
味方キャラと重ならないように逃げていればまず当たらない
当たってもエリアルがあれば1発当たった後回避出来る


フレイムロード
「アーッハハハ、終わりだぁ!」
カラハンが宙返りし炎をまとい、腕を組んだポーズのまま追いかけてくる
カラハン本体と通った道にダメージ判定
横移動+回避スキルを使えばなんとか逃げられる速度
途中で一度タゲを変える性質があるので、魔防が低い職はあまり近づきすぎないこと
レリック、ミラー、アルフといった召喚物もタゲになるので出しておくと危険が減る


2Gを切ると全体魔法2種(緑紫)とローリングラーバ、アイスバリア、テレポートが追加

ローリングラーバ
「美しい・・・炎のゆらめきを、見せてやろぉ!!」
ラーバ3連弾
発動も早く、弾速もそこそこなので油断しないこと
エンジニア職がいると思うので基本的にアルフが張り付いているのでアルフが受けてくれることが多い

アイスバリア
「触れられると思ったかぁ!」
一定ダメージを防ぐバリアを張る
エレのアイスバリア同様割れる瞬間凍結になることもあるので気をつけておくこと

テレポートCT120
「ウッヘヘヘヘ・・・そこかぁ!」
FUのテレポートのように、空中に黒い円陣が出現し
カラハンがそこに入りタゲキャラに向かって距離を詰め捕まえてくる
カラハンが瞬間移動した後にカラハンから離れるように回避スキルを使うことで回避可能
回避に成功した場合SAを破壊するまでカラハンが無防備になるので攻撃チャンス
最後までSA破壊がないとバックドロップまで発展するので至近距離にいる場合注意すること
捕まった場合、毎秒ダメージ+バフ消し最後にバックドロップ
パラプリといった高耐久キャラ以外だと捕まった際のスリップダメージのみで死にかねないので
速やかにSA破壊をして助け出すこと
SA破壊技:プリのデトネ、エレのイグニ、アイシフ、ケミのポイブレ
どれもない場合は紋章グラビティ等のSA破壊値の高めのスキルを各自使うこと


1Gを切ると大魔法3種が追加
正確には1.1G辺りからフラグがたつ

ブラックホール
「我が手により逝けることをォォ!名誉に思うがいいィィィ!アーッハッハッハ!アーハッハッハッハ!!」
カラハンを中心に近距離にバフ消しの吹き飛ばしが発生後
カラハンの四方にブラックホールが展開し、カラハンから離れるようにゆっくり移動していく
カラハンに近いほど吸引力が強いので、ワックススピブ状態での回避スキルでの接近時に注意
吹き飛ばし、BH本体にもバフ消しがついているので、きちんと避けること

フレイムボルテックス
「すべてを灰燼(かいじん)と化せ・・・ウヘヘヘヘハハハハハハ!」
カラハンの周りに炎のエフェクトが舞いだしタゲを中心に3つずつ炎の旋風が発生する
ステージ壁際まで到達しその後消える、速度自体はそこまで速くないので落ち着いて避けること
カラハンから一定距離離れたところから展開するのでカラハンの至近距離が安置ではあるが
次のカラハンの行動がある程度読めていないと危険、要熟練

巨大フリージングスパイク
「動くなぁ!!」
カラハンから氷のエフェクトが見える
アイシクルエッジのようにキャラを追尾する巨大スパイクが足元から発生する
エッジよりも展開速度が遅いものの、判定にややランダム要素があり油断は出来ない
エッジよりも展開が遅いため他キャラを狙ったものに巻き込まれる可能性が非常に高い
自キャラの位置味方の位置を把握し、安全地帯を見つけること


全体魔法

カラハンが3Gに入ると使用する

「遊びは・・・終わりにしよう!!」
という台詞とともに
PTM全員がバフ消し+凍結状態になる

そして4種の内いずれかの全体魔法を唱えだしカウントダウンのアナウンスが流れる

赤(CT90秒)
「煉獄を統べし炎よォ・・・エーレガントな我が呼びかけに応え、出でよォ!」
青(CT90秒)
「凍てつく大地を統べし力よォ・・・我が絶対美に服従し、現れ出でよォ!」
紫(CT150秒)
「虫ケラがぁぁぁ!」
緑(CT150秒)
「我が魔力を見よ! ハアァァァァァァ!」


各種の魔法に対応した花へカウントダウンが終わる前に入ることで回避可能

赤青はカラハンの台詞とカラハンがまとうのが炎か氷かの違いだけ
どっちかを見極め花に入る

緑はカラハンが両手を突き出し緑色の球を作り出したら
緑の花へ入る、ただしMPは全消滅する
カラハンの一番やっかいな攻撃と言える
特に現状1.2Gで止めて全体魔法後1Gに入れてBH後のミラクルぶっぱが通常の流れなので
MPが枯れてもその流れに沿うのか、1ターン待つのか事前に決めておくと楽


紫は例外であり
ステージにランダムで出現する紫の沼さえ回避すれば問題ない
紫の花に集まった場合はボーナスとしてMP全回復

e0117951_891674.jpg



テクニックとして
全体魔法キャンセルが存在する
全体魔法詠唱中にカラハンのSAを壊すことで全体魔法をキャンセル出来る
キャンセル成功かどうかはカラハンは全体魔法を唱えると基本的に空中に浮いているのでそれが地面に落ちたら成功
落とした場合でも花のボーナスを受け取ることが可能なので
キャンセルしたのち紫の花に集まればMP全回復が可能
なんの得もしないが緑の花に集まることでMP全消滅させることも可能
SA破壊技としては、先のプリのデトネ、エレのイグニ、アイシフ、ケミのポイブレ
一応バグ技扱いなので、エフェクトだけが残り続けたり等、戦いづらくなる可能性もあるので
緑以外は無理してまで狙う必要はない



ステージ攻略の流れ

ステージに入った後バフの更新をしてカラハンをとにかく攻撃する
3Gに入ると全体魔法が来るので、それを回避し一気に1.2Gまで削る
その際エッジ、ロード、ラーバなどの攻撃に注意、特に炎技はDOTダメージが馬鹿にならないので
魔防が低いキャラは避ける事
1.2Gで止めるかどうかはPTの火力次第
1Gに入ったら、速やかにカラハンから距離を取り、BHが来るまで回避に専念
BH後、速やかにカラハンに近づき一気に1Gを削りきる
ボルテは密着することで回避、スパイクはミラクルで耐えつつ攻撃




ここでカラハンの台詞が聞けるのでwikiを見つつどの台詞がどれなのか見ておくといいかもしれない


6R1P 20G~17.25G

シードラゴン同様、グリーンドラゴンの前足と頭との対面
まずマップ左端後方へと退避
前足でのひっかきがすぐに来る
ひっかきは2回ひっかくのが1セットなので2回ひっかいたのが見えてから攻撃

このフェーズでの攻撃は
ひっかき(右前足、左前足)、氷ブレス、毒ブレス、炎ブレス、メテオ のみ

氷ブレス
マップ左側が危険地帯
すぐさまダメージ判定ではなく、まず地面が青く凍り少しの溜めの後、複数回ダメージ
最初の一発目のダメージを受けてからすぐジャンプすることでダメージを1回で抑えることが可能
装備が整っていれば全段受けてもまず死なない

毒ブレス
マップ中央が危険地帯
大ダメージ+バフ消しなので、パラであっても直撃したらまず耐えられない
また地面にソサのポイズンのようなものが一定時間残り、バフ消し+ダメージなので要注意
特に毒ブレスが終わった後にフェーズの切り替えが起きてしまうとそこを通らないといけないので
職によってはそこで詰む可能性もある

炎ブレス 
マップ右側が危険地帯
毒ブレス>炎ブレス>氷ブレスの順にダメージが高い
耐えられないこともないがDOTもあわせるとなかなかのダメージなので避けたいところ

メテオ
発生時に鈍足デバフ
グリドラの近くが安置
発生時にグリドラの近くにいると吹き飛ばしに当たるときがある

トーテムを使って無敵を得ることも可能だが、知らなくても問題ないので割愛
誰かが使ってくれたらアバターと同じマークがキャラにつくのでその間無敵なので攻撃し続ける

17.25Gを切ると
アナウンスが流れ、マップ後方の壁が崩れ奥に進めるようになる


6R2P 雑魚退治

壁が崩れた先に退避すると
雑魚が大量に沸くのでそれを退治するフェーズ
90秒以内に雑魚を殲滅出来ないと即死なので速やかに殲滅

特に気をつけることは少ないフェーズ

HCになると時折グリドラがやってくるメテオのダメージが非常に高いので
パラがプロボ等をかけてマップ後方で戦えるようにすると吉


6R3P グリーンドラゴン本体

17.25G~

ついにグリーンドラゴン本体との対面

開幕もしくは2P終わり際にでヲリがハイドレをすると良い

パラを残し他の面子はグリーンドラゴンの右後足まで移動する

グリーンドラゴンの攻撃に関してはwikiを参照すること
全部書いてもいいんだけど、wikiと同じようなことを書くだけになるし流れだけ



ステージ攻略

まずパラ以外が後足へ移動
そしてすぐさまプリのミラクルを発動
ミラクルの効果中に15.25Gまで削り紋章のフラグをたてる
鈍足デバフがかかるのでプリのキュアかフィジシャンのヒールシャワーで解除
グラビティ紋章を2.3個柱に投げる、エンジニア職が柱に向かってデモリを撃つ
他の面子はFUのエクセレを受け取り、とにかく削る
GDが飛ぶので中央の紋章に集まる
緑色のバフを確認or十分な時間がたったら崖へ向かう
GDが中央に戻るまで攻撃をする
中央に戻ったら次の紋章フラグの12.25Gまで削れてると思われるので適当に攻撃しつつ紋章を待つ
紋章が来たら最初の紋章と同じことを繰り返す
柱を2個壊したらGDの左足側へ移動する
紋章か骨牛かを待つ
5.25Gを切ると虫のカーテンのフラグがたつのでヘッド破壊が出来る位置で戦う
紋章かヘッド破壊後の攻撃チャンスでゲージを削りきる




と こんな感じ


大分駆け足での説明なので
そのうちGDHC用に事故の多い
2R 5R 6R はまた個別に詳しく書くかもしれない

この記事をどの程度の人が見てるかはわからないけども
何か質問があったらコメントして頂ければわかる範囲でお答えします

グリーンドラゴンのここがよく分からないんだけどどうなの?とか些細な疑問でもあったらどうぞ

出来れば各Rの危険攻撃のモーションとか画像撮りたいんだけど
なかなか決定的瞬間って撮りづらいんだよね(・◇・)

そのうち動画を撮ってあげるかもしれませぬ


次回は タイフーンネスト プロフェッサーネスト か
改変でのお話とか書くかもしれません

ヾノ。ÒㅅÓ)ノシ
[PR]

by aster-naru | 2012-07-31 09:06 | ネトゲ | Comments(1)
2012年 07月 25日

グリーンドラゴン カラハン 3R 4R


いつ続き書くんだよっ! 

スキル改変60キャップ開放ときたので
レベリングやら様々な仕様が変わったので書く暇がなかった

まず全体的に変わったこと

知恵の重複がなくなった 
知恵の重複は同じ人のメインサブでの2重まで

ということで知恵は誰か1人両知恵がいればいい
片方知恵の人はむしろ外したほうがいい


クリティカルの仕様変更により

鉄壁加護冠詞が必要になった

30%防御率低下は効果が大きい

GDHCだと必須レベル 
特に加護 5Rのカラハンの魔防に大して魔職の火力が上がるのは大きい


などなど 他にもこうしたほうがいい的なことが増えてるかもしれないけど
今はレベリングばっかなのでそのうちまとめるかも(・◇・)




ということで 3Rと4R

3R クラケスステージ

マップ全域に呪い攻撃を周期的にあり、回避失敗で全滅するステージ
SDのラーバステージに近い
また呪いのあとはクラケスが睡眠に入るため攻守のターンが決まっているステージとも言える


ボスのクラケス自体は位置固定かつ攻撃モーションも分かりやすいので
落ち着いて行動すれば一番楽なラウンド

呪いに対しては16個の台座が設けられており
その後ろに隠れることで回避可能
ただしひとつの台座には一人までしか入れない
同じ台座に複数人入ってしまったり、入れていないとPTM全員が死亡

また呪い攻撃が行われる度に台座が壊れていき
最終的には8個しか残らない
そのためパターン化してある数字があるのでそれに従い自分の入る位置を申告するのが普通

e0117951_15124939.png


このように

(1)(2-5)(3-4)(7)(6-13)(10-15)(11-14)(16)

とどっちのパターンで台座が壊れてもきちんと8人入れるようになっている

基本的に職業でどこに入るかはある程度決まっているので3箇所程度慣れておくとよい
複数キャラを持っている人は全部のパターンに慣れているのが理想

クレリック系 (10-15)(11-14)(16)
脚が他キャラに比べ遅いで後ろのポジションを貰う
アチャ系 (6-13)(10-15)(7)
アクロならもっと前のポジにも入れるが、他のキャラが前へ行くのが望ましいので後ろのほう推奨
アカデミック系 (10-15)(7)(6-13)
(3-4)にも入れるが、ワックスがCTのときに咆哮→呪い だとギリギリなので危ないといえば危ない
ソサ系 (2-5)(3-4)(7)
エレならシールドによるアーマー FUならテレポートによる機動力 により前に出るのが好ましい
特にFUはミラーで毒玉を遮ることが出来るので(2-5)(3-4)に入りたい
ヲリ系 (1)(2-5)
前ポジ役 ダッシュによる高い機動力 リリーブ等で建て直しも早い

↑の画像は若干実際とずれてる?ので
プラクティス等でステージに入り確認しとくこと


呪いは来る直前に
「3秒後にクラケスの呪いが発動する」というアナウンスが表示され
直後クラケスの分身(分身というか真空波)が突進してくる この突進はダメージはないものの回避不可
これを受けると後ろにノックバックして、操作キー反転デバフを受ける
操作キーが反転してるので落ち着いてSで前進し台座の後ろに入ること
台座の安置としてはぴったり張り付く必要はなく、台座の後ろに広がる白っぽい地面まで入ればよい
呪い回避後はクラケスがしばらく無防備になるのでとにかく攻撃すること
クラケスのSAを破壊してしまうとクラケスが起きてしまうらしいので
イグニデトネポイブレ等はクラケスが起きてから使うこと


他に気をつけるのは 地面毒と毒玉ストンプ

地面毒

クラケスが吼えるようなモーションと同時に地面が毒の沼で光りだす
その地面の上に立っていると連続ダメージ
↑の画像のように 2WAY 3WAYがあり
1Gを切ると常に5WAYでやってくる 安置を覚えそこに入ること
魔法ダメージなので装備が揃っていれば魔職は全段食らってもまず死なない

毒玉→ストンプ

クラケスが目から複数個の毒の玉を出す
これに当たるとジャンプ不可デバフがかかり次にやってくるストンプを回避出来なくなる
ミラー、レリック、アルフ、といった召喚物にも当たるので自分の前に出せば代わりに当たってくれる

基本的に毒玉を出したあとにストンプをしてくる

ストンプ

クラケスが地面に体当たりしマップ全域にダメージ
ジャンプで回避可能
回避スキル等の無敵を使っての回避は無敵貫通なので不可
ムンロのムンブレ等スキル使用時に空中にいるスキルならば回避可
高い威力を有しているのでジャンプで避けること

咆哮

クラケスに風のエフェクトが発生して
数秒後マップ後方まで吹き飛ばされる
これのあとに呪いをされるのが一番やっかい
咆哮後にきちんと所定の位置に戻れるように上のキャラごとに入る場所が決まっているので
楽だからという理由で(7)や(16)を取らないようにすること
また逆に自信があるからといって前に出てもやることがないのに前のポジションを取らないこと


あくび

クラケスのあくびはエクセレと同じ効果らしいので
あくび中にクラケスのクールが全回復すると見ると良い
なのでこのあとに呪いが来る可能性が高まる


4R ザベルステージ

長方形の細長いステージにザベルが2体と複数の雑魚蜘蛛が沸くステージ

ステージの両端にザベルが1体ずつ沸く
2体をまとめて相手にするのは事故を誘発し大変なので

1人が片方を釣って 片方を集中砲火して倒すのが主流

今ではエンジニア職が
奥にアルフレッドを置きアルフレッドに奥の蜘蛛の相手をさせ
全員で速やかに1体目を倒すのが普通

もしくはエクセレがあるのなら
エクセレを使って速やかに手前の蜘蛛を8人で倒しすぐ奥にいくパターンもある


また このステージにもマップ全域攻撃があり当たると即死

60秒周期で「私の魅力を際だたせる虫どもよ!来い!」というアナウンスが入り、ステージ全体にダメージ

回避方法はマップにあるキノコの台座にのること
ただしキノコは16個あるもののどこが開くかは4パターンの中でランダム
マップ両端にあるキノコの左右いずれかは必ず開くのでマップ端で戦いそのどちらかに乗るようにすること

e0117951_164420.jpg

1.7 6.12 のどちらかは必ず開くのでどちらかに乗る


他に注意するのは

マップの左右に蜂の巣のようなものがあり
そこから虫が沸いてきて更にダメージ判定もあるので
これになるべく当たらないようにする
キチキチという音が左右から聞こえ出したら近くの蜂の巣状のモノから沸いてくるので
左右を見て安全を確認すること

e0117951_1694217.jpg


赤枠が開いたキノコ 青枠が開いてないキノコ 紫枠が虫が沸く蜂の巣みたいなやつ

マップのキノコより下が虫で埋め尽くされててあの虫にダメージ判定

また ゲージを削りきったあとも数秒間残骸が残り
最後に自爆するのでゲージを削りきったら速やかに離れること

e0117951_16132135.jpg


自爆


注意する攻撃は

回転タックルと飛びつき

飛びつきはパラ次第で頻度が変わってくるものの
よく使ってくる技なので要注意

その時タゲってるキャラに向かって文字通り飛びつく
地面に到達と同時に周りに衝撃波が起こる

きちんと回避スキルを使って避けること


回転タックルは背伸び?のように一瞬からだを伸ばしたら
縦にグルグル回り出して そのときタゲキャラがいた位置に突進する
今見てる向きに突進すると考えていいのでその射線から離れる
見た目より判定が広いので油断しないこと
[PR]

by aster-naru | 2012-07-25 16:17 | ネトゲ | Comments(0)
2012年 07月 16日

グリーンドラゴン カラハン 1R 2R


さて60キャップ開放がもう来るという中
今更ですがグリーンドラゴンネストについて書いていこう


とりあえず今回は画像も足らないのでさらっと全体的に書いてきます

今度またスクショ撮って気が向いたら各Rごとに分けて補足していくかもしれませぬ

書いてたら長くなったので今回は2Rまで

グリーンドラゴン カラハン

全6R構成

Lv50から参加可能

今の目安はGDUが安いのでGDUフル装備+6程度なら十分といえば十分
NGD開始時の目安としては
HPが130k(13万)以上とか言われてました
まぁGDU+6で防具揃えれば大体そのぐらいいくと思うので
安いしGDU揃えて冠詞Ⅰでもついてれば問題ないと思います


1R ゼニウスステージ
e0117951_1531081.jpg


4体のゼニウスと各ゼニウスに周りに雑魚が複数いるステージ
ステージ開始時はまずゼニウスが4体いるものの非アクティブ
相当近づかないとアクティブ化しない

ゼニウスがアクティブ化すると同時に周囲に雑魚がわく

ゼニウスの周りに黒いリングが存在していて
その中に雑魚が入ると雑魚の攻撃力防御力がかなり強化されるので隔離すること
また雑魚を残した状態でゼニウスを倒してしまうとゼニウスが復活してしまう

攻略法

スキル紋章のグラビティ等で遠距離からゼニウスに攻撃を当てる
ゼニウスのターゲットを取るが雑魚は引き付けない位置で待機
ゼニウスだけ近づいてくるのでそこでパラにプロボをしてもらう
パラが引き付けている間に他の面子で雑魚を倒す
雑魚を倒し終わったらゼニウスを倒す
次のゼニウスにグラビティを投げる
を繰り返し4体のゼニウスを倒す


今の主流はゼニウスを2体ずつ2回に分けて釣るパターン
4体釣りはパターンを把握するのが割りと面倒なので
恐らく野良では2-2で釣るパターンがずっと続くと思います

e0117951_15153153.jpg


また一定時間ごとに赤枠で囲ったメッセージが画面中央とチャット欄に表示され
ガーストというパルーサ型の中ボスが沸きます
ガーストもゼニウスのリングの中に入ると強化されるのでパラが不慣れな場合等以外では
基本的にスルーします ガーストが残っていてもゼニウスを倒せば終わるので基本はスルー

GDHCでは効率的にかつ素早く終わらせるために
少し手順が増えたりします

まず2体にグラビを投げてゼニウスを釣ります
ゼニウスがこちらに向かってきたのを確認後
マーセナリーが1人で雑魚に近づきます
雑魚の全てのヘイトをマセが取り雑魚全てがマセに近づいた後
マセがホイールタイフーン(FUが可能ならばブラックホールも一緒に)で雑魚をまとめます
皆がスキルを集中させすぐに殲滅します
ゼニウス2体を倒します
このときFUやスキルを一通り使って自分がいなくてもゼニウスが倒せると確認したら
他の面子がゼニウスを攻撃中に1人が離れて3.4体目に対してグラビを投げます
ゼニウス3.4体目のタゲを取ったとほぼ同時に1.2体目のゼニウスが死んで
左側(スタート位置)からマセが走っていき雑魚をまとめます
タイフーンが復帰していたらタイフーンを使います(ここでタイフーンがあるかどうかはPT次第
雑魚を殲滅後ゼニウスを倒します


2R モルゴンステージ
e0117951_15311373.jpg

SDのモンタンをやや大きくごつくした感じのモンスターがでるステージ

基本的にはモンタンと同じように戦う
パラがタゲを取るのでパラとは逆の位置取りをして攻撃

気をつけるのはモンタンにもあった散布毒
60秒周期でマップ全域に即死の毒を散布する
その際にマップにある古代紋章が一箇所光りそこに飛び込むことで空中に避難することが出来る

e0117951_1538865.jpg


飛んでる最中若干前に移動しているので
紋章の中心の方向へカメラを向けること 
モルゴンの位置を確認しようと外へカメラを向けると落ちる可能性もある

古代紋章の位置をしっかり確認しておくこと

また2Gを切るとドラミングのようなモーションが入り発狂モードに入る
発狂モードになると攻撃力が爆発的に上がりかつ攻撃パターンも変わる
発狂後はしっかりモーションを見ること

基本的に発狂前の既存のモーションに毒~が付与される

地面パンチが発狂後だと地面の爆発が三段階になり範囲と威力があがる

腕の薙ぎ払いには毒ウェーブが追加 毒ウェーブは放射状に広がっていくので前回避で避ける

ゼリー吐きも毒ゼリーに変わり威力が増加 ミラーやレリックを可能な限り盾にする

3連パンチ 地面を3連続で叩く そのつどダメージ
3発目の威力が高いので3発目は避けること 
タイミング的に3発目だけやや遅れるので1.2発目と同じタイミングで飛ぶと当たる
ドン ドン 少し溜めて ドン と来るので 3回目のジャンプは少し遅れて飛ぶ

ジャスティスクラッシュ 上空高く飛び上がり地面にダイブ 地面全体に大ダメージ
モルゴンが飛んだら少し溜めてこちらも飛ぶと回避出来る

毒ブレス 前方の狭い扇状の範囲に毒ブレスを吐き
バフ消し+操作反転デバフが付与される
この攻撃自体のダメージはそこまででもないものの
バフが消されるのでこのあとの攻撃に注意
とはいっても反転デバフもつけられるので攻撃は一旦中止し回避に専念

ジャスティスクラッシュ しりもち 毒ブレス の予備モーションが似通っているので
体を少し丸め猫背になる感じにモルゴンがなったら ジャスクラと毒ブレスを警戒すること
しりもちはモルゴンの背後の狭い空間のみの判定なので基本的には当たらないが背後には近づきすぎない事


攻略法

プリのバフが非常に重要 
プロテがかかっていれば基本的に発狂前はどれも当たっても問題ない
とは言ってもパラと同じ位置にいない限り近づきすぎている場合を除きほぼ被弾はしないはず
発狂前に注意するのは地面叩き 
腕を高くあげ地面を叩きその地点から一定距離離れた地点の地面が爆発
何度か見ればどこが爆発するか見えるようになるので最初は離れる
発狂後は基本的にエクセレミラクルでごり押しパターン
ミラクルが切れたら慣れない内はムリしない 回避を優先
基本的に一定距離離れてれば落ち着いて回避出来るはず
地面叩きが発狂後は広範囲になるので安置がモルゴンの近くのみになる
こればっかりはどこが爆発するか予想をつけるのが難しいので
プリのプロテをきっちり受け取っておくこと
毒散布は位置ズレでの落下が怖いものの モンタンよりはザフラが邪魔しないので
毒散布周期を把握することと落ち着いてどこの紋章が光っているのか確かめること

[PR]

by aster-naru | 2012-07-16 19:49 | ネトゲ | Comments(0)