naruの今を生きる

asternaru.exblog.jp
ブログトップ

タグ:レビュー ( 92 ) タグの人気記事


2014年 12月 03日

「Fate/stay night [Unlimited Blade Works]」#08


e0117951_03535079.jpg
さて8話

いきなり不吉な夢を見る士郎
e0117951_03544999.jpg
e0117951_03565320.png
士郎の腕は結晶エンチャだった…?
と画像を拾ってきたけど言う程似てない

ダクソネタはどこまで通じるんだろうか

さて朝の特訓?で
e0117951_04004647.jpg
自分ではなくアーチャーを参考にされて ツーンセイバー(可愛い

e0117951_04024589.jpg
ここでなんとなく二刀になってるのもアーチャーのあれですよ


そして登校
ワカメこと慎二に絡まれてるのももちろん理由があります

それよりも
e0117951_04062498.jpg
ここの凛可愛過ぎない?

もちろん士郎と一緒にご飯を食べるためなんですけど
士郎は士郎だからね 

当然前の日に起きたアーチャーによる攻撃の件について話すためね
e0117951_04090582.png
令呪でもって嗜めた と
見ての通り二画分令呪の線が掠れているでしょう

凛の令呪はあと一画 
(余談だけど凛の令呪ってPCの電源ボタンみたいだよね

まぁぶっちゃけあれ士郎じゃなきゃ普通に死んでたからなぁ

とまぁこの辺が凛の甘さですね
常に優雅たれ と言う家訓のためか
優雅さが甘さになってるね
共闘してるとは言えこのあと自分の魔術についても教えちゃうしね
e0117951_04143011.jpg
そしてこのうっかりである
このうっかりがあったから朝慎二は士郎に絡んでたんですよ

慎二的には大分詰んだ状況だからね
そこで結界は邪魔されるわ 
士郎と凛が共闘してるわ 

ということ慎二が先走って結界を展開しようと……

e0117951_04185795.jpg
当然これは宝具
他者封印・鮮血神殿 と書いて ブラッドフォート・アンドロメダ と読みます

内部にいる人間を溶かし、血液として自分の魔力に変換して吸収するという宝具

ちなみに結界外からは異常がないように見えてるらしいです
Dies iraeを知ってる人ならベイの創造みたいなもんかな

また慎二だからこの程度で済んでいるというかね
即座に人が溶けてないしへっぽこ魔術師の士郎でも抵抗して行動出来ている状態だからね
これがある程度の魔術師がマスターであったならば士郎や凛ですら長くは持たない

ここでもうっかり凛
タイミング悪くアーチャーを連れてきていないからね

結界で分断されているから簡単には呼べない
しかし 令呪 ならば別
e0117951_04265013.jpg
ちなみにですが
骸骨は慎二のサーヴァントの使い魔 ではなく
キャスターの使い魔
だから士郎達のいる階にサーヴァントの反応と慎二のいる1階に反応?があるんですよ

@ここで初めて解るはずだけど
e0117951_04341276.jpg
慎二のサーヴァントはライダーね
結界内で動けるのは結界に抵抗出来る魔術師
しかし士郎でも凛でもない にも関わらず慎二は知り合いに対する反応……
e0117951_04320804.jpg
セイバーはキャスターに誑かされる と
e0117951_04390762.png
ここでの凛の魔術は
   灰は灰に    塵は塵に
 「Ein KOrper ist ein KOrper―――!」

って言ってます 
灰は灰に 塵は塵に ってとあるのステイルも詠唱してたよね

あっさり使ってるからあれだけど
凛のこれ本物の宝石使ってるからすごい大金がかかる魔術
e0117951_04450832.jpg
そして見せ場なくライダーが退場
まぁライダーとの直接対決はセイバールートでやるからね
原作だと一度見せ場はあった状態だからね
劇場版となる桜ルートでも結構見せ場があるのでそっちで期待しよう

それもキャスターはセイバーと戯れていたから
倒したのはキャスターじゃないんですよ
でもセイバーの感知をもってしてもキャスターとライダー以外のサーヴァントは感知していない
つまり…… 

まぁ負けた理由は色々あるんだけど
慎二がマスターだったという点 と
油断が大きいですね 

これも原作だとセイバールートでセイバーも油断でぼこぼこにされるからしょうがない

fate stay nightではもうライダーの出番がないので
多少のネタバレですが 
ライダーの真名はメドゥーサ 
日本でも相当有名な通り宝具が破格
今回は使用されることはなかったけど
メドゥーサと言えば石化の魔眼 
当然それを持ってる だから眼を隠してるんですよ
ああいう魔眼殺しを装着してないと常時発動してしまうので封印中
魔眼殺し自体も宝具

五次ライダーがチートと呼ばれる所以がこの魔眼
魔力値C以下なら問答無用で石化 Bでもまず石化 
A以上で初めて石化は弾くもののステータス低下の重圧は付与
対魔力持ちだと補正あり(@は魔眼の射程もある

stay nightですら魔力値Aに届くのはセイバーキャスターのみ
zeroでもギルセイバー以外はB以下 
それもディルムッドがBの他がCなので
魔眼の射程に入ったら詰み 

そしてライダーのクラスなので
騎乗して突撃する宝具ももちろん持っている
石化または重圧をかけた状態でそれが使えるというチート

と言っても
特殊な事情で慎二がマスターというあれなのでチートを持ってしても…

しかし桜ルートではその特殊な事情から解き放たれて活躍します
そちらをお楽しみに_(:3 」∠ )_

さて閑話休題
e0117951_05180726.jpg
慎二はいい小者キャラしてるなー
凛ルートだとまだ役割が残ってるんだっけか
セイバールートだとフェードアウト てか死んじゃうんだっけ

e0117951_05220943.jpg
死体は見慣れてる

冷静に聞くと厨2病甚だしいな

まぁここら辺で凛が士郎の異常性に確信を持ってくるって感じかな




[PR]

by aster-naru | 2014-12-03 05:24 | 現代視覚文化 | Comments(0)
2014年 12月 03日

ログ・ホライズン 2期9話「変わりゆく戦場」

e0117951_03140940.jpg
e0117951_02311239.jpg
さぁアキバ編が終わって
シロエ達のレイド編

そろそろ中盤戦も終わる頃に出てきたレイドボス ルセアート
mordekaisarかな?
e0117951_02423007.jpg
mordekaisarが気になった人は「League of Legends」でぐぐるといいよ
e0117951_02363015.jpg
いきなり2人死亡 
と言っても即時に蘇生魔法を使えば戦線復帰可能

ディンクロンこと最初にヘイトを取ったガーディアンですら
原作だと半分減らされる攻撃 

↑の画像だとディンクロンはピンピンしてますね
@これ文字が反転してないとおかしい気がするけど
どっちから見ても読める的システムなんですかね
e0117951_02473259.jpg
そして移動阻害からのヘイト無視範囲攻撃

移動阻害はダメージを与えるためではなく盾役以外の足も止めるためのもの
硬直した相手を倒すための範囲攻撃
ヘイト無視というかあのモーションに入った時点でアンカーハウル等のヘイトを稼ぐものを遮断
それでいてランダム範囲攻撃なので実質ヘイト無視範囲攻撃

e0117951_02524723.jpg
そして形態変化 
しかもその時に影の尖兵を複数召還 
かつ影の尖兵が倒された時にその破片を吸収してルセアートは回復

そして黒騎士モードに戻る

と 今までルセアート1体なら安定して戦えたものの
影の尖兵を無視したらルセアートの攻撃に当たる
かといって影の尖兵を倒したら回復する 

このギミックの攻略法を見つけなければ千日手
むしろ疲労が溜まるプレイヤーが先に力尽きる
e0117951_02572365.jpg
もちろんそんな時にこそシロエの出番
影の尖兵がどういったルールで召還されるのかを見抜き
高火力職のみが攻撃 他は補助

そうすることで影の尖兵の数を抑える
そして影の尖兵が抑えられればルセアートの回復効率も落ち
時間がかかるがダメージを蓄積出来る状態に持っていく という戦術

e0117951_03015961.jpg
しかし 閉じていた門が開き
そこから現われる2体のレイドボス

いつぞや書いた 絶望的状況ってやつです

前回次回予告でアカツキが

「もうここはゲームじゃない
ルールが変わったんだ っていうのがいいね」

って言ってたのは
e0117951_03082965.png
こういうこと

本来のゲームであればシロエ達の行動は恐らく正鵠を射ている
あれが正解で正攻法なはずだけど
シロエ達冒険者が大災害を経て口伝を得たように
モンスター達も思考し冒険者を排除するために協力するという知能を得ている

世界は変わった と言っても人数制限は残ってる 
24人でレイドボス3体を相手しなくてはいけない
ルセアート1体でも五分五分の状況だったのに同格のボスが2体という無理ゲー

e0117951_03142102.jpg
シロエが死んで シロエに見える影が起き上がる と
コメント見てれば散々ロエ2って名前が出てると思うけど
まぁシロエのサブキャラですよ
e0117951_03161602.jpg
オープニングの最初もよく見ればシロエ風なのが2人いるでしょう?

出てくるのは次章なんですけど
カナミもいるしロエ2がいるってことはそこまでやるのかな?
e0117951_03175303.jpg
そして始まる シロエの現実世界の回想
ちなみにシロエの本名は 城鐘恵 

まぁアカツキ同様
死んだ時に強制的に自分の傷と向き合わされる と

アカツキのリアル風景は大分ぼかしたけど
シロエはガンガン描写するんですね
原作だとどんなもんか出てこないからこれは作者のイメージなんだろうか

まぁこれで 
ウィリアムが言っていた 
死んだら本当の自分が見えるんだよ っていうことを理解するんですね

そしてあとはシロエが今の現状について
深く深く考えている という描写

現実に戻れるのか 
戻れるとしたらどうすれば戻れるのか

そんな時にミナミとの軋轢も出てきて
更に色々考えて疑心暗鬼というかね

だから供贄一族の菫星との交渉でも
自分の考えを隠して援助を申し出ていた

だから菫星も協力する訳にいかなかったんですよ
相手は冒険者 大地人とは比べ物にならない力を持ちそして不死の存在

それが隠し事をして援助を願い出た と
その資金でもって大地人を潰そうと考えられたらとか
どうしたって悪い方向で考える訳で

そしてお互い腹を割って話すには…



そして レイド戦ですが
当然皆の心が折れているわけですよ

特にシルバーソードは実戦派というかね

世界が変わったと言ってもエルダーテイルとして攻略を楽しむ
というスタンスのギルドなので
だからこそこのレイド戦にも参加者は特に文句を言っていなかったでしょう?

だけど完全に攻略不可な状況を叩きつけられ
このレイドを諦め下位のレイドを攻略し自分達は強いと言うのは簡単だけど
それは本当に自分達が楽しんでいたエルダーテイルなのか と

最強の敵を倒すのが俺達のエルダーテイルだったんじゃないのか と

でも状況は詰んでいる 

ということでギルド崩壊の危機なんですよ
e0117951_03335775.png
ここで皆を新たに立ち上がらせるために
ウィリアムが熱いんだよ

次回は楽しみですね


[PR]

by aster-naru | 2014-12-03 03:34 | 現代視覚文化 | Comments(0)
2014年 11月 29日

戦真館 万仙陣 公式HP公開【相州戦神館學園 万仙陣】

相州戦神館學園 万仙陣
e0117951_02005972.jpg
さぁ ついに公式HPが公開されましたね

いつものことながら新情報が出た時のlightのサイトは重過ぎる
e0117951_02052668.jpg
ピックアップ1人目 新ヒロインの石神静乃
神祇省の迦楼羅という初出のポジション
台詞で方言女子がどうの~って言ってるから
素になると狩摩みたいな喋り方になるんだろうか

迦楼羅についてちょっと調べたら
鳥頭人身的な描写があるね
だから髪型荒ぶってるのかな?ツインテで翼?を表現して鳥頭的な?

>衆生の煩悩(三毒)を喰らう霊鳥として信仰されている
>三毒(さんどく)とは、仏教において克服すべきものとされる最も根本的な三つの煩悩、すなわち貪・瞋・癡(とん・じん・ち)を指し、煩悩を毒に例えたものである。

皆が大好きな 貪・瞋・癡 や!

三毒を食らう霊鳥 として云々だから
もし今回も協力強制なのだとしたら相手の煩悩を利用する協力強制みたいのがあるのかな
e0117951_02052758.jpg
ピックアップ2人目 一応新ヒロイン緋衣南天 
新ヒロインと言っても四四八にとってではなく信明のヒロイン的なポジションらしいですね

物語のキーキャラっぽいですね
台詞が完全にセージなんだよなぁ
それでいて前回の記事でも触れたけど
緋衣草の英名がスカーレットセージ
ただこうやって大きい画像で見ると四四八との類似点はなく見える

この子が新しく邯鄲を開く子なんじゃないのかなー
って思えてくるのはミスリードかなー
e0117951_02261081.jpg
ピックアップ3人目 世良信明 一応裏主人公?
キャラデザから漂うモブの匂い

>精神的に歪むことなく穏やかに育っている。
>そうした彼の在り方を指して、四四八は言う。本当に強い男とは、信明のような奴の~~
あれ八命陣の設定は全部なかったことになるんですね?

てかシスコン拗らせたから 
その姉に追いつき並べるようにっていう執念で病弱な中努力するという
唯一にして最大の個性が消えているっていう 
世良信明って名前は使うけどキャラデザも変えて 新キャラだよーのが良かったのでは?

前作既プレイ勢からしたら
後半の四四八は言う~が皮肉にしか見えないってやばくない?

八命陣での汚名を雪げるんだろうか
活躍には期待したいが……


さて他の既存キャラに関しては基本一緒かな
とは言ってもあくまで別人らしいからね 細かな差異はあるんだろうね
栄光がのっちゃんに夏目漱石を読破しろって言われてるのがニヤってくるね
e0117951_02411940.jpg
@はお嬢とかがそのままの設定な訳にはいかないからね
上級生として出てくるようですね 結局鳴滝とくっつくんだろうか
e0117951_02442260.jpg
くらなくんは教師
髪型とモノクルの有無で別人に見えるなー


そして 今回のゲーム説明?はムービーで色々なされるようで
一番上の画像のように各項目があってそこをクリックすると
しーちゃんが説明してくれます
e0117951_02473366.jpg
動画でしーちゃんが動きつつ説明してくれるんですが
髪型が凄過ぎてそっちに注目しちゃうよね
やっぱり翼?をモチーフにしてるのかなー

ムービーは気になったところをピックアップしていきます

邯鄲ノ夢
逆十字のセージの死亡と共に失伝?
再現不可だし再現するつもりもない 
現実における四四八パート?では邯鄲は関係ないのかな

盧生
万仙陣の世界において盧生は過去3人 いずれも死亡
四四八が第二の盧生だったので、もう1人別の盧生がいるってことですかね
記録?で残ってるようですね だから静乃は八命陣の四四八のファンってことなんですね
そして仮説ではあるものの選別基準も判明してる
静乃曰く その選別基準的に今の世に盧生が生まれることはない 
やっぱり四四八パートでは邯鄲は無関係?

眷属
盧生が死んだら眷族も恐らく死亡する
死亡しなくても少なくとも邯鄲は使えない
これをわざわざ言ったってことは盧生は死んだが生き残った眷族がいるフラグに見えるなー
でも邯鄲が使えないから…… この辺が四四八パートの核になるのかな?

神祇省
表はカラス 裏は鬼
鬼ってのはもちろん鬼面衆 
やっぱり物部関連もありましたね
迦楼羅は歴代でも3人しかおらず静乃で4人目という希少な面

朔とは何が起こるか分からない状態
八命陣で邯鄲によって体験した21世紀が正に現実の今であるから
正しく 何が起こるか分からない状態=朔 ということで
現神祇省のエースたる静乃が派遣されている 
四四八パートはこの朔がメインの問題なんですかね

歴史
八命陣で邯鄲によって体験した21世紀と当然現在の21世紀はもちろん違うもの
と言ってもその差異に完全に気づけるのは当時に生きていたものだけ
それでも静乃が知っている範囲での相違点は
万仙陣の世界においては第二次世界大戦が起きていないということ
それは八命陣における柊四四八が成した偉業 
ではあるが故にこそ朔が起こりうる状況も作り出している

そしてどうやって大戦を止めたのか 止めたことで何がどう変わったのか
そもそもその問題は本当に片付いているのか 
という諸々の謎を解き明かすのが静乃の使命?

と 用語集はこんなとこですかね

時折四四八パートって書いてるのはシステム紹介のムービー
e0117951_03270141.jpg
システム紹介のムービー説明役は静乃ではなく 南天ことなっちゃん
思っていたよりもダーティーなキャラに見える

そして今回のメインテーマ?は朔
現実と夢が相互に関係しあう的なこといってますね
ここの夢は 邯鄲 と書いて ゆめ と読むアレかもしれない

ということで現実パートと夢パート?
昼パートと夜パート で分かれてるようで

昼パートが散々言ってる四四八パート 
夜パートが信明と南天?がメインとなるパート(信明パート

と言った感じになるっぽいですね

でもって夜パートは南天が信明に夢へと誘うもので
甘粕事件後であったり甘粕事件前を描くもの とのこと
八命陣の回想にあたるんでしょう 
要は邯鄲における1週目であったり どうやって四四八達が邯鄲に挑むことになったのか とか
前作で語りきれなかった部分を補足するんでしょうね

それと前作のED後 四四八がどう生きていったのか
↑でもあったどうやって四四八は第二次大戦を回避したのか とかを見るんでしょうね

それで最後に
今回夢に入るという体験をするのは私と信明君だけ
柊先輩達は現実世界で能天気に遊んでいればいいんですよ(意味深 

と南天が言って終わるんだけど

すげー 神野臭 がした

やっぱり 夢は邯鄲と書いて ゆめ ですよねこれ

黒幕とまではいかないけど
南天が相当重要なポジションにいそうですね

信明を誑かして邯鄲を開いて
それによって現実に朔?を起こしてってことじゃないのかなー

で その最中に信明が覚醒して2人は恋に落ちる的な?


[PR]

by aster-naru | 2014-11-29 03:44 | ネトゲ | Comments(0)
2014年 11月 27日

グリザイアの果実 Episode:08 【薪菜回】


e0117951_01095063.jpg
さぁ 薪菜ルート
薪菜ルートは2話構成だそうな

そういえばこんな感じで薪菜ルート始まったなーとか思い出した
e0117951_01151962.jpg
薪菜が雄二に7000万の値段をつけたのではなく
雄二を買うために全財産を出した感じね

最初は冗談だと思って俺は高いぞ とか雄二が言うんですよ
そしたら原作はカードじゃなかったっけ?それもブラックカードかなんかを出して
7000万が全財産みたいな話をして雄二が察して受け入れるんですよ

7000万もお金があるのは家がとある大企業の家だからですね
それも直系の長女 実は誰よりもお嬢様キャラ
e0117951_01243066.jpg
唐突な薪菜のぶっ飛び行動
まぁこんなぶっ飛んだ性格になってるのには理由があるんですよ

雄二にパパになって ってのも 実の父親が死んじゃっててね

まぁ話の流れで分かると思うけど
普通の人だったんだけどそれがこんな大きな家に入り婿としてきてびっくりしてたところ
色々裏の繋がりだの不正だのを知ってしまってそれを正そうとする正義の人だった訳です
当然そんなこと許される訳なく…… って感じ

それで雄二にパパになってと頼む訳です
軽く了承した感じに見えるけど
実際はあの時の薪菜が震えてたりするように
一定以上の好意を寄せている雄二に断られたらどうしようとか
見捨てられたらどうしよう とか そういうのを雄二は感じ取ったのでひとまず了承してるんですよ

e0117951_01333901.jpg
そして雄二による教育

まぁ雄二もね 普通の生き方をしてないからね
雄二の教育となると軍隊方式になる

@最初に雄二にタックルとかからも分かるように
雄二をすら凌ぐ動きを一瞬とは言え出来るんですよ

言動やらあれでぶっ飛んだ子に見えますが実際はすごい天才なんですよ?
e0117951_01383817.jpg
そして始まる射撃訓練(エアガン)
由美子回で雄二が銃を使ってたでしょう? 
つまりはそういうこと

e0117951_01442159.jpg
そして天音を見送る薪菜
天音は実家に帰省ですね
今までは薪菜もついて行ってたけど雄二もいるし今回は一緒に行かない と

ちなみに天音の実家は老舗料亭 
だから寮?での家事を担当してるんですね
時折関西弁が出るのは母親が京都出身とかだったはず
e0117951_01510519.jpg
どちらも実家へ帰省しないということで
師匠の墓参りに行く事に(ちなみにこのバイクは天音カスタムされた天音のバイク

何話だったか 由美子しかいない学園に来て
学園長がヤンキーが来たと言ってたように厳ついデザイン


そして雄二の身の上話
軽く言ってるけど家族が全員いなくなって~ って相当重いうえに
そもそも雄二の家庭ってかなり歪んでるんですよ
幸回の時に雄二は家にいたくなくて公園に行ってたっていう描写があったでしょう


そして引き取られた父親の知人ってのが本当にド外道 
と言っても果実部分ではまるで話に出てきません
2作目の迷宮部分の最後でちょろっと出て
3作目の楽園だとまぁメインと言って差し支えないけどね

e0117951_01582069.jpg
そして子供時代の雄二
謎の光が働いてますね 
まぁ 日下部麻子でぐぐればいくらでも出てきます
と言うかちょっと前の記事に貼ったよね

まぁ雄二はね
家庭の事情やらそれからの生き方とかが壮絶過ぎて
この麻子が助けた時は本当にもう抜け殻というかね
命令を聞くロボット状態って感じ
それを雄二曰く一端の男にしてくれた と だから師匠なんですね

e0117951_02052332.jpg
妹だすんか
薪菜の説明口調でも分かるけど父親が違う妹ですね
分家の娘扱いじゃなかったかな?

e0117951_02124304.jpg
そして雄二が呼び出され
そこで薪菜が暗殺対象とされていることを知る と

まぁ散々掃除屋だの 色々言ってましたが
雄二の仕事ってのはそういうことね
と言っても要は組織が国の下請けのようなものなのであくまで国防行為

9029 ってのは登録ナンバーとでも言いますか

組織での雄二の呼び名 
と言ってもJBの秘書?にあたるキアラが言ってるように
雄二だけの呼び名ではないです
功績やらで組織においては伝説の存在?というかそんな感じなので
キアラがテンション上がってるわけですね

ただし雄二も言ってるように
今彼はその役を降りているというか
とあるきっかけで仕事が出来なくなってるんですね

精神的問題なのでその療養ということで学園に通ってる感じだったかな


と 薪菜ルートを1話で完結は流石に無理だったようですね

誰が薪菜を暗殺して欲しいと願っているのか
そしてなぜ暗殺しようと思うに至ったのか

この辺がね 薪菜ルートの重い部分というかね
ド外道なのがいるんですよ




[PR]

by aster-naru | 2014-11-27 02:27 | 現代視覚文化 | Comments(0)
2014年 11月 26日

「Fate/stay night [Unlimited Blade Works]」#07


e0117951_23184317.jpg
キャスターはアサシンのことを大したことないと言っていますが
単純な技量では相当強い方

というか地形の不利があるとは言え
最優のサーヴァントたるセイバーと互角なアサシンって時点で色々おかしい
まぁ日本という土地補正が大きいのかもしれない
e0117951_23225788.jpg
剣戟の最中 刀身を掴むセイバーとそれにきっちり対処するアサシン

見えぬ剣にも慣れるというアサシン

宝具を使ってやっと刃渡りを把握する四次ランサー

つまりはそういうこと 

まぁ5次ランサーも手こずってたからしょうがない

それでもってこのアサシンの保有スキルとして

宗和の心得:B
 同じ相手に同じ技を何度使用しても命中精度が下がらない特殊な技能。
 攻撃が見切られなくなる。

というのを持ってるので長引けば長引いた分だけアサシンが有利になっていくんですよ

e0117951_23395211.jpg
そしてアーチャーとキャスターの対話

サーヴァントがサーヴァントを召還するという本来想定外のこと

と言ってもね 所詮聖杯戦争って今回で5度目なので
そもそも狙った通りにいった試しなんてないので
毎回何かしらの違法というかルールから抜け出した何かが起きてる

ましてや過去の英雄を呼んでる訳だからね

まぁそこまで簡単なことでもないです
そういう違法を軽々こなせる程の大魔術師だということね


マスターを悪く言われたのと
逃げるだけの魔女 と呼ばれたのでキャスターおこ

ただ実際問題アーチャーが言ってるのは正論

キャスタークラスって要は魔術師なので
魔術師が魔術師の英雄を召還する訳で
令呪という枷があってもそれをどうにかする魔術を使いかねないので
信頼関係を築くのが難しいんですよ

まぁextraが完全に例外だけども
キャス狐っていうほぼ最初から好感度振り切ってるのもいるけどね

「ここでなら、私にかすり傷すら負わせない」 ってのは
前回言ったようにキャスターには陣地作成という固有スキルが与えられていて
工房という自分に有利な土地を作れるんですが
このキャスター 陣地作成Aランクなので
工房を超える神殿を造り上げてるんですよ

それでもってこの冬木の土地における最大の霊地の柳洞寺を神殿化してるので
この空間では完全に魔法使い 

魔術師と魔法使いの違いは型月世界だとよく比較されますが
簡単に言うと
魔術ってのは、時間や金をかければ現代の技術力でも再現な可能なもの
魔法ってのは、何をどうしようが至った者でなければ使えない奇跡のようなもの

ちなみに型月世界においては魔法は5つ(6つ目が未確認状態?

e0117951_23564017.jpg
そしてキャスターによる攻撃

これだけの魔術を即時展開してますね
凛や士郎 それこそアーチャーですら詠唱してる描写があるのに

キャスターにない理由は
高速神言というスキルを持っていて
キャスターが詠唱に用いる神代の言葉。
呪文・魔術回路の接続を経ずに魔術を発動する事を可能とする。

と言った感じで
要は現代人には理解できない言語で詠唱してるんですね
それも一言呟くレベルでも大魔術になるっていう
魔術師から見たら完全にチートスキル

ということで
本気で戦闘したならば蒼崎青子ですら敵わないレベルの魔術師
(蒼崎青子ってのは別の型月作品に出る登場人物で↑に書いた第五魔法の使用者

e0117951_00120332.jpg
捕えられたアーチャーが呟いてたのは多分干将・莫耶の詠唱でしょう
干将・莫耶ってのはアーチャーがよく使う黒白の双剣のことね

まぁアーチャーがぽんぽん壊したり新しく造ってるので
ある程度想像出来ると思うけどオリジナルではなくアーチャーの魔術による贋作

本来の能力だと対怪異に特化してる宝具なので
zeroのジルドレエが呼んだあれとか本物の干将・莫耶なら真っ二つらしいよ

e0117951_00181808.jpg
からの カラドボルグ

いつだったかバーサーカーに撃ったあれですね

「I am the bone of my sword.」 
アーチャーの詠唱は英語

この詠唱はとある詠唱の一部なのでどうルビが振られるかは場面場面で違うんですけど

ここでは

我が骨子は捻じれ狂う。 と読みます

カラドボルグ も 偽・螺旋剣 こう書きます

あのバーサーカーの守りすら突破したのでランクはA以上なんでしょう
急造の魔術障壁では守りきれない

e0117951_00273973.jpg
そしてアサシンの宝具が発動

ここでセイバーが自分の死を見たのは
直感 というスキル セイバーは直感Aランク
戦闘時、つねに自身にとって最適な展開を「感じ取る」能力。Aランクの第六感はもはや未来予知に近い。

と言った効果なので受けたら死ぬと予知した訳ですね
e0117951_00372044.jpg
そしてキャスターボロボロ

キャスターの見せ場はこれからだから(震え声

てか凛ルートが一番の活躍場所だからこれからに期待

まぁこの辺の3人の会話は結構重要ですね

e0117951_00435758.jpg
そして アサシンによる秘剣・燕返し の描写

佐々木小次郎の剣閃を2本までは避けるTUBAMEとは一体

厳密に言うと宝具ではないんですよ
イレギュラーな召還なので宝具なしなんだけど
技量が宝具レベルというか魔法レベルというチートアサシン

多重次元屈折現象 ルビは キシュア・ゼルレッチ

キシュア・ゼルレッチってのは型月世界における第二魔法の使用者

もちろん本来の第二魔法とは違うけど
技量のみでその域に手をかけてる感じ

ということでキャスターもアサシンもチートかよ
って思われるかもしれませんが
第五次はチートサーヴァントとチート宝具しかないからね しょうがないね

e0117951_00544688.jpg
士郎に切りかかるアーチャー
そして流れるとある男の回想
e0117951_00573411.jpg
そして

理想を抱いて溺死しろ

fateが有名になった台詞?名言?の一つじゃないでしょうか

e0117951_01022087.jpg
そして突如始まる
暗殺者と弓兵による白兵戦(クラスとは一体なんなのか


e0117951_01044899.jpg
からのまさかのCパート

士郎が頑丈なのはちゃんと理由がありますがそれはまた別のお話

士郎が悪口を言うのは
キャスターが言ってたように似たもの同士なので
同属嫌悪というか なんというか


そして次回予告でのワカメな




[PR]

by aster-naru | 2014-11-26 01:08 | 現代視覚文化 | Comments(0)
2014年 11月 25日

ログ・ホライズン 2期8話「アキバレイド」

e0117951_04291986.jpg
e0117951_03502423.jpg
さぁアキバ編ラストかな?

アカツキの服装が変わってるのは
アカツキの今までの装備ってのは所詮店売りレベルの装備だったんですよ

それが水楓の乙女達こと仲間から貰ったり
大災害以降の技術というかそういったもので製作された装備とかを装備した状態
e0117951_03585556.png
そしてレベルも92lvにあがってる と

ちなみにマリエールさんはクレリック 
それもハイヒーラー型 要は回復特化型

なのでこのコンビだとマリエールに敵のヘイトがいった時点で詰み

故にアカツキは攻撃し続ける必要がある 
本来は壁役であるガーディアンやサムライのすべきこと
アサシンは本来アタッカー
e0117951_04023258.jpg
このあとの攻撃を受ける瞬間に篭手?が光ってたり
装備が光ってたりするのはダメージ軽減効果が出た瞬間かな
そこで皆の支えがあるからって言ってるのはその装備が貰いものだからですね

少数編成で戦ってるのは
相手の強化を最低限にすると共に
移動しつつエリアごとにいる仲間達が常に攻撃することで
HPを削ってるって感じですね

その際 アカツキとマリエールに回復やらバフやらも一緒にかける と

そしてリーゼが呟いてる

「もうここはゲームの世界じゃない 
レイドが必ず攻略出来るように作られてるとは限らない」

ってのは今回のアキバレイドって言うよりも
シロエ達のレイド戦において重要な意味を持ってくるかな

@なんで殺人鬼は他の面子放置なのかっていうのは
ヘイトをアカツキが稼いでるからアカツキを最優先で狙ってる状態

e0117951_04151764.jpg
そして魔力供給の停止を決断するレイネシア
供贄一族というか菫星が他人事風なのは
シロエが最初に交渉してたじゃないですか
あれで色々思うところがあるんですよ
シロエ達はまさしくその関連のレイドに今挑戦中ですね

だから借りは別の人(シロエ)に返すって言ってるんですよ

e0117951_04203742.jpg
そして捕まるマリエール
これはある意味しょうがないんですよ
e0117951_04205246.png
まぁアカツキ覚醒のきっかけにもなるんですけどね こういう状況
e0117951_04222472.jpg
そして ついに口伝が発動

アカツキが説明口調なのはしょうがないな 

〈隠行術〉と書いて ハイド・シャドウ 
本来は戦闘中に使えるスキルではなく
移動の際であったり、相手に気づかれないように気配を消して
相手の知覚から逃れるスキル

それを強引に戦闘中でも発動し分身したような状態になるのがアカツキの口伝
〈影遁〉と書いて シャドウ・ラーク
e0117951_04273458.png
まぁ これは本来こういう風なシステム画面に出てこないはずなんじゃないかな?

口伝ってのは要はスキルじゃないようなものなんですよ
現実となった世界でゲームの技術を強引に使ったりするもなので

それこそ料理のあれも口伝みたいなものですしね
e0117951_04322052.png
@は一応アカツキの口伝は条件付きというか
呼吸を止めている間使用可能って感じなので常時分身しっぱなしは出来ません
e0117951_04360361.png
気配を絶つだけじゃ分身にはならんだろうって思う人もいるかもしれませんが
他のスキルも組み合わせてる感じです
e0117951_04400839.png
そして
「――〈鳴刀・喰鉄虫〉めいとう・はがねむし」
「じゃない……。〈喰鉄虫・多々良〉。打ち直し」

多々良から武器を受け取るアカツキ

建物の中は別エリア扱い
だから夜間外出令が出てるんです

アキバというエリアに現在24人だけ という状況を作ってる訳ですね

だから取りに来いって言ってるんですよ
外出たら相手が強くなっちゃうからね
e0117951_04424627.png
こんなの払えない って台詞が聞きたかったなー
e0117951_04471237.png
そして魔力供給の停止がなされる

いけそうだから切る必要なくね?って思われる方がいそうですが
転移魔法がある限り相手が逃げようとしたらこちらは打つ手なしなんですよ

なので切らなくてはいけないんです
e0117951_04495328.jpg
そしてリーゼの魔法により氷漬け と
もしここで魔力供給を絶ってないと転移でこの状態からも抜け出せるんですよ

それで 
こんな強い魔法使えるなら最初から使えばいいじゃないかと思われるかもしれませんが

実際はこんな強い魔法じゃないです
射程も本来は20メートル以下 
それを真上から発動することで自由落下で当ててるんですよ

でもって本来は氷混じりの水流によって相手を押し流すという魔法

がしかしルグリウスの効果で彼自身が常に冷気を放っているので
彼に触れた途端勝手に凍って氷漬けになってるんですよ

相手の力を逆手に取るという作戦だったんです

相手のHPを削ったのも結局は行動パターンを読むことと相手を怒らせ誘導させるため

この場所に誘導し 氷漬けにして 武器を壊す という作戦だったんです

壊しちゃうの勿体無い的なコメントありますけど
もう呪いの武器状態なので壊す以外にないんですよ

一度壊して打ち直すなんてことは出来るかもしれないけど
仮にあの状態から武器取り上げたらその取った人がまたルグリウスに乗っ取られる

だから壊してるんです

そしてアキバレイド完
e0117951_04583037.jpg
このフレーバーテキストがまたいいんだよ
e0117951_04595809.png
これもフレーバーテキストを書き換えようと思ってやったんじゃなくて
本当にこう思って真摯に刀を打ち直したから
結果的にこういうフレーバーテキストになったっていうお話ね

好き勝手書き換えることが出来るなら
こんな事件起きないからね
e0117951_05025234.jpg
そしてパジャマパーティ

リーゼがすごい大人びて見えるけど 
現実世界のプレイヤーは高校生だからかこのテンション
本来こっちが素かな?
e0117951_05052217.png
シロエからの念話にデレるアカツキ
e0117951_05063419.jpg
そしてシロエ達はレイドの入り口に集結し決意を新たにレイドに挑むんです

なんで入り口にいるかっていうと
アカツキが死んだときに回想でシロエもいたでしょう?
あの時にこちらのレイドメンバーが全滅でシロエも死んでるんですよ

それもただの全滅ではなく絶望的な全滅だったのでみんなの心が折れかけるんですよ
そこでシルバーソードのギルマスであるウィリアムの独白?演説がいいんですよ

次回予告のアカツキが言ってる

「もうここはゲームじゃない
ルールが変わったんだ っていうのがいいね」

まぁ要は今まではアカツキ視点でずっとお話が進んでましたよね
その時間軸でのシロエ視点ってことですね



[PR]

by aster-naru | 2014-11-25 05:11 | 現代視覚文化 | Comments(0)
2014年 11月 20日

グリザイアの果実 Episode:07 【幸回】 



幸ルートはじまるよー

てかなんか作画に疲れが見える
e0117951_01343709.jpg
雄二が来たことで
様々な変化が起きていることに気づく幸

自分も変わるべきなのか
e0117951_01375397.jpg
唐突な回想カットイン

からの
e0117951_01401261.jpg
私に変わることなんて許されるのかな… と自問自答する


e0117951_01425885.jpg
薪菜が冗談で言った言葉を実行しようとする幸

色んなところでちょくちょく挟まれてるけど
幸って言われたらなんでもやるんですよ 

一番いい牛乳を~ の件でも 北海道にまで行こうとしたり

みちるがツンデレを演じようとしてるように
幸も従順なメイドを演じようとしてるんですね

まぁ演じようとしてるというか 
そこに相手の言うことに疑問を持たずに従うことが正しいと思い込んでるというか


そして最初の記事だったかな?
で書いたように ユウくん って呼ぶんですよ

e0117951_01501083.jpg
そして何かを察した雄二はどこかへ行く

e0117951_01581480.jpg
まだ残ってたか と言い残す
ここは実家 だけど元実家というかなんというか
e0117951_02011779.jpg
実は幼少期に出会っていたのだ (; ・`д・´) ナ、ナンダッテー!! (`・д´・ ;)

本当はもっと色々あって段々気づいていくんですよ?
ただ幸回も由美子回同様1話で終わらすためにカットにつぐカット

雄二が決定的に気づくのは
幸と「いつもの場所」で待ち合わせをするんですよ

雄二は「いつもの場所」を最初学園だったかな?と勘違いするんですが
学園にはいないし周辺にもいないという一種の行方不明になって

この幼少幸が出る公園でやっと見つけるんですよ

幸にとっての雄二との「いつもの場所」というのは
子供の時に一緒にいつも遊んでいた公園という展開ね

e0117951_02095554.jpg
そして 僕と契約してテストを無くしてよ と冗談で言うみちる

しかし 冗談だろうと頼まれたらそれを聞かなくてはという強迫観念に近いものがある幸は
お任せください と 引き受ける

e0117951_02124571.jpg
テストを無くすなんていう無理難題を引き受けた幸は…

e0117951_02151539.jpg
そして他ヒロインルートでは便利屋にジョブチェンジする由美子

かつて テストを無くすために一人の少女が学校に火を放った事件 があったのよ
と重大なことを伝える由美子

e0117951_02173677.jpg
ホラーかて

このように いい子にならないと っていう強迫観念に突き動かされてるんですよ

そして幸によるメタルギアソリッドが始まる

e0117951_02211956.jpg
キャンセルしても不気味なカウントダウンが止まりませんね(白目

e0117951_02253170.jpg
爆弾には細工しておいたぞ 
素人にしてはいい出来だったぞ  という さすおに展開

なんやかんやあってからの幸回想
e0117951_02313979.jpg
e0117951_02330276.jpg
幸は遊び相手を求めて
雄二はね 家に居づらい事情があって 
それで公園で出会うんですね

公園に雄二が来なくなったのもその事情によるもの

そして幸の誕生日

本来ここに至るまでに幸の家の事情というか
その辺を色々を見てからなので
ここで幸が両親を拒絶するのを理解出来るんだけど

この駆け足でのこのシーンだと
なんでこいつ勝手に怒り出したんだ?にしか見えないのがあれですね
e0117951_02380591.jpg
これが幸のトラウマ

あの場で両親を拒絶しなかったら
言うことを聞いていたら 

と自分を責めるうちに 
何でも言うことを聞くいい子になろう という強迫観念にとらわれる と
e0117951_02422938.jpg
そしてハッピーエンド

ってちょっと展開速すぎて軽いよね これ

本当は実際に爆破するというか
これみたいに校庭だっけ?どっかだけ実際に爆破が起きるんですよ

雄二が幸の事情を知って協力するんですよ
実際幸だけじゃ出来ないことが多いので
幸に真実を気づかせるために爆破計画に協力するんですよ

まぁ協力しつつも細工をしていくんですけどね

それで爆破を見ながら
これが望んだことなのか と幸に問うんですね

幸が言うことを聞くいい子になってるのは
言うことを聞かないと大切な物がなくなってしまうから と思っているから

だからみちるの言ったテストを無くす ために
学園がなくなればテストがなくなる

と ここで幸にとって学園も大切な物だってやっと気づくんですよ
天音薪菜由美子みちる学園長と共に過ごし
雄二とも過ごした学園が自分にとって掛け替えのないものだと気づいて

言うことを聞くいい子でいても 大切な物がなくなってしまう

と ここで雄二がいい子でいることは必ずしも悪いことじゃない
ただ何のためにいい子でいようとしたのか
何を守るためにいい子でいようとしたのかそれを忘れないこと
目的と手段を取り違えないこと 

という話をして 

今まで独りでよく頑張ったな 幸 

という展開なんですよ 


そして2人で工場へ

幸はね 
わがままを言ってしまった自分なんて両親はきっと嫌いだろう
そもそも仕事が忙しくてなかなか構ってもらえないのも自分が嫌いなんだろう
というような意識があってそしてあの事故なので

無限に自分を責め続けてた訳ですよ

そして父親は死んでしまい母親も意識不明 
本当はどう思ってたかなんて確認のしようもない

そこで雄二が工場へ連れて行き
本当ならここで誕生日を祝っていたんだ という良いシーンなんだけどね

ちょっと駆け足過ぎたね
e0117951_02581049.jpg

そんな感じの幸回

途中で由美子が言っていた1人の少女が学校に火をつけて~ ってのは
幸の前の学校で起きたことね 幸がこの学園にくるきっかけになった事件

前の学校の時から良い子にならなくては状態だったので
みちるのようにテストをなくしてよと頼まれて火をつけるに至る と
なんで火だけなのかっていうとその学校は確か木造だったから火をつけたって理由だったはず

でもこの学園はなんだかんだ最新鋭の学園なので
火をつけただけじゃ学園はなくならない そうだ爆破しよう に考えが至った訳ですね


雄二の家庭の事情に関しては
多分天音ルートできっと出てくると思います

というか2クール枠取れなかったのかね?
2クールならカットの嵐にならずに上手くまとまった気がするんだけどね

その方が後に迷宮 楽園 と繋がった気がする


[PR]

by aster-naru | 2014-11-20 03:01 | ネトゲ | Comments(0)
2014年 11月 19日

「Fate/stay night [Unlimited Blade Works]」#06 蜃気楼


e0117951_01045332.jpg
制服の右腕部分を血で染め上げた青年が夜道を歩く事案

何気に士郎ってこれで制服2つ血まみれの事案だよね
予備の制服とか普通ないよね?
家事スキルEXだから汚れ落として縫ってるんだろうか

e0117951_01083861.jpg
そしてアーチャーとの対話

この対比もいいねっ

魔術師っていうのはね 
成果を得るためには他者を蹴落としてでも根源に至るもの という世界観なので

なにもかもを助けようという正義の味方を目指す士郎に対して皮肉ってるというかね

@この聖杯戦争
本来マスターもサーヴァントも何かしらの願いがあるから参加する訳なんですが
大体のマスターサーヴァントって
この聖杯戦争に参加した時点で願いが叶ってるとか
聖杯戦争自体が目的というか

そんなのばっかだよね

そしてアーチャー先生による英霊講座

ここアーチャーとセイバーを例にあげてるけど
この2人どっちも英霊としては例外だからね

e0117951_01164104.jpg
美綴さんは保護された(無事とは言っていない

前回の一般生徒と同じ状態ですね
なんとか生きてるけど生気を吸われた?状態

当然なにされたかという記憶も抜かれてる

続編というか とある作品では
その後も狙われ続けるという不憫というかネタポジ

@当然かもしれんけど 
空の境界の式にすげー似てるね
e0117951_01235253.jpg
このカットインは
美綴を襲ったサーヴァントという意味と桜が危ないというダブルミーニングなんでしょうか

ちなみにこんな見た目ですがこのサーヴァント
妹属性というギャップ持ち

e0117951_01263007.jpg
慎二はいい小者キャラだなー
このウザさこそ慎二

e0117951_01280247.jpg
そして凛との放課後デート()

学校に結界が張られているので
それを壊したいところなんですが 
もう既に出来上がってるので簡単には壊せない と
せめて邪魔をしておこうという感じ

凛が士郎を魔術師だと知らなかった理由は
単純に士郎が魔術に対して無知なんですよ

切嗣も根負けして教えていただけなので
士郎に魔術を教える気はなかったし
そもそも士郎を拾った時点で余命幾許もない状態

ちゃんと教えてる時間がそもそもなかったんですよ

それで要はほぼ我流で強化という魔術を使ってるというかね
だから色々おかしいんですよ

土蔵での鍛錬も凛から言わせれば頭おかしいことしてるんですあれ

資質だけで言えば士郎はそこそこなレベル
と言っても凛のような代々続く魔術師と比べると話になりませんが_(:3 」∠ )_
e0117951_01342004.jpg
明日にでもボロを出すわよ(ドヤァ 
e0117951_01351199.jpg
からのテンプレツンデレ 凛はかわいいなー

e0117951_01372144.jpg
明日ボロを出すと言ったな、あれは嘘だ

間桐家が魔術師の家系というのはzero見た人なら分かるよね
雁夜おじさん第四次で間桐家から参加してたでしょう?
と言っても原作では間桐家は第四次に参加していない扱いです


慎二 お前の事を桜は知っているのか?

あんなトロい女に魔道を伝えるものか

この辺に 慎二の色々な感情が渦巻いてますね


そんな家に妹は置いておけないなぁ
e0117951_01425906.jpg
桜を上げてから落とす愚兄 桜のヘイトup



e0117951_01450836.jpg
日課の鍛錬

この鍛錬 何回かアニメでも流れてるけど
鍛錬だと失敗シーンしか流れてないよね

っていうぐらい 強化の魔術すら成功率悪いんですよ(刃物の強化は成功率高い

だけど 実戦では一切失敗していない っていう
対ランサーのポスターを強化した時や 対凛の机の強化も成功してるよね

この辺も士郎の特性というか なんというか


セイバーは男として生活していた という設定なので
自分が美人というかそういうものだという感覚が皆無

ドギマギ士郎 

最初の 問おうあなたが私のマスターか? の時も
実はセイバーに見惚れていたりします

e0117951_01505087.jpg
完全にエーテライト
キャスターはアトラス院の錬金術師だった・・・?

士郎をこの糸で引っ張ったんじゃなくて
操って柳洞寺まで来させたんですよ

e0117951_01541871.jpg
ここで挟まれる回想シーンのようなものは
キャスターの過去ですね

e0117951_01553920.png
キャスター登場 
fate関連でサーヴァントはどんどん増えているんですが
純粋な魔術師としては未だ最強らしいですね

キャスターのサーヴァントには陣地を作る権利があるのよ

キャスター固有スキル 陣地作成 
有利に戦える工房を作ることが可

zeroのキャスターは狂ってたし
マスターも狂ってたので工房という名の拷問部屋を作ってましたね

陣地を作るなんて
切嗣なら爆破して終わりだな なんてコメントもありますけども

ケイネス先生みたいな現代の魔術師とは比べ物にならない魔術師なので
そもそも爆弾を仕掛けることが不可能でしょうし
仮に仕掛けられて起爆出来ても何のダメージも与えられないことでしょう

あとここで士郎が一番弱い魔術師のように言ってますが
前回言ったように慎二のがしょぼいです

ただし間桐家は代々続く魔術師の家なので
その手の防衛力が半端ないのと
士郎よりしょぼすぎて捕まえる価値がないってのもありますね

e0117951_02044234.png
士郎の危機に気づいて柳洞寺まで来たものの
結界がありそして 佐々木小次郎を名乗るアサシンのサーヴァントに行く手を阻まれる

みきしんの声いいなー

e0117951_02083654.jpg
さでぃすてぃっくキャスター

こんなんですが二次創作だと完全なる萌えキャラ化する方です

e0117951_02111095.jpg
アーチャーによる救援

ここでキャスターが苛立ってるのは

三大騎士クラスのサーヴァントなので
対魔力を持ってるので相性としては悪いんですよ

まぁ本気を出せばそんなの関係ない人なんですけどね
事情があってですね


そして次回予告

次回は対アサシンシーンか

楽しみ











[PR]

by aster-naru | 2014-11-19 02:15 | 現代視覚文化 | Comments(0)
2014年 11月 18日

ログ・ホライズン 2期7話「水楓の乙女達」

e0117951_02212363.jpg
さて7話

艦これイベントとかで
いつもより書くのが遅れ奴ー

は置いとこう

フレーバーテキストの暴走
e0117951_02272206.png
かの殺人鬼が脅威なのは
動力甲冑を装備している点 ではなく

この武器による暴走が問題なんですよ

動力甲冑自体ももちろん脅威なんですけど
手に負えないレベルではないはずなんですよ

それ+このフレーバーテキストの暴走によって手に負えなくなってるんですね

精神をかつての英雄ルグリウスに乗っ取られつつ状態
e0117951_02340315.jpg
鍛冶屋?の人

もちろんただ売っただけだから
罪や責任があるはずもないんですが

それでも当然責任を感じてるという描写

そしてアカツキがその全てを背負い込もうとしてるから
色々考えてる訳ですね

e0117951_02374507.jpg
そしてアカツキ達は 口伝習得に励む
というよりは殺人鬼によるこの事件を終わらそうと
各自鍛錬や解決方法を探ってるって感じ

そして裏というか
戦闘要員ではない人達で対策を練る

e0117951_02445030.jpg
本来のルグリウスのレイドは
今シロエ達が挑んでるものと同じフルレイド

総勢24人におけるレイドなんですが
この周囲の冒険者の数だけステータスが強化されるというものが厄介で

ゲーム時代ならばそれこそ最大で24人分の強化でしかないんですが
アキバの街にこの範囲を当てはめると倍どころか3倍近い人数がいることになるので
ソウジロウのような1流のプレイヤーでも足止めが精一杯だったんです

更にはゾーンに存在する人が多いほどHPが増えるという特性も持っていて
アキバというゾーンを対象に考えるととんでもないことになっていると

実際ゲーム時代のルグリウスのレイドでも
ルグリウスと戦うのは6人の精鋭 
残りの18人は範囲に入らないように雑魚を殲滅しつつ大地人を避難させることで
ルグリウスを打倒可能なステータスまで落として戦うという形

そして問題はこれが現実であるということ(少なくとも今の冒険者達にとってね

だから今アキバで起きている
ルグリウス討伐というレイドがクリア可能なものなのか
本来ゲームならばクリア出来るように調整してあるものの
ここは最早現実であり、アキバにレイドボスが出るなんて事も想定外

今まで同じことをしていては対処出来ない といった状況
e0117951_02582765.jpg
そしてレイネシアに魔力供給の停止を頼む

冒険者にとってこの防護のためのシステムはそこまで重要じゃないんですよ 
今回程複雑になった状況ならともかく
基本的にこの世界における冒険者はトップクラスの戦闘能力を誇る存在
そして死んだとしても大神殿で復活出来る

ただ問題は大地人 
大地人は死んだら終わり 
故に今回の条件で冒険者達の意見だからと
無理に魔力供給を停止 とはいかないんですよ

そのために大地人の代表たるレイネシアに頼んでいる 

実際動力甲冑にテレポート機能がある以上
どれだけ対策しても勝ち筋がないんですよ

ルグリウスの強化範囲に入らないように気をつけていても
相手が転移してきたら対応のしようがないし
万が一倒せる状況になったとしても転移で逃げられてしまう と

だから動力甲冑を無力化することは必須条件

e0117951_03084489.jpg
そして始まる鍛錬

今回このアキバにおける擬似レイド戦
発足人はアカツキ
今までは何をするのにも1人で
この大災害が起きてもシロエと共にあればいい
他には何もいらない
と 考えていたアカツキが
アカツキと共に戦う仲間を得た訳ですね

e0117951_03115637.jpg
そしてレイネシアも決意を固める

今まではね アキバにいる特使?大使?のような状態だったんですが
本当に意味でアキバにいる冒険者と仲間?になるために
今までお飾りだったお姫様が成長していく と

e0117951_03140151.jpg
そして 責任を感じ
残った 鳴刀・喰鉄虫 を眺め
何かを決意する多々良

ちなみに喰鉄虫の効果は
これと接触した武器の耐久力を削るって効果だったかな
ゲーム時代で言えば要は対人武器ですね

e0117951_03223345.jpg
そして口伝は得られなかったものの
決戦の日が来てしまう

マリエとの2人組なのは
当然相手のステータス上昇を防ぐため

本来のフルレイドなら
6人×4 の 24人 なんですが

この擬似フルレイドでは
2~3人×10 という変則的な組み合わせ

ゲーム時代とは何もかもが違う擬似レイド ということですね

e0117951_03261987.jpg
次回予告でネタバレしていくstyle

レイド中にね 口伝をついに得るわけですよ

ただ口伝を得たシーンよりもねー
多々良とのシーンがいいんだよ

楽しみですね



[PR]

by aster-naru | 2014-11-18 03:27 | ネトゲ | Comments(0)
2014年 11月 13日

ダーウィンズゲーム【レビュー】

e0117951_03013722.jpg
最近読んで続きが気になるなーと思った漫画

内容としてはよくある感じの
異能バトル物ですかね

おかしなメールが届き
そこにあるURLをクリックしたら
ダーウィンズゲームという名のゲームに参加させられてしまうという流れ

でもって参加者達には
ポイントが与えられそのポイントで色々出来るという感じ

1ポイントを現実の10万円に変えることも可

ただもちろんポイントがなくなると死にます

ポイントで武器やら色々交換することも出来るので
使って自分を有利にはしないといけないけど
使いすぎてなくなれば死亡 

と言っても
バトルによって相手を殺すことで
相手の保有ポイントを全て奪えるようなので
簡単に人が死にます

相手が死んでも超常的な力で死体も消えるので
多少の証拠は残るもののまずばれない

そしてこういうもののお約束で
このゲームのことを参加者以外に公表することは禁じられている
まぁ破ったら死亡でしょう

そして当然ダーウィンズゲームをやめる方法もない
そのうちなんらかのあれが出てくるかもしれないけどね

そして参加者一人一人に
シギルという名の異能が貰える

ダーウィンズゲームというように
ダーウィンの進化論とかが重要なのか
シギルというのはこのゲームにおいて抗うために参加者を進化させたもの
というか 進化したことで異能を得た と言った感じ?

今のところそこまで登場人物が多いわけでもなく
かつ能力のネタバレも少ないのであれですが

パッと見能力はぴんきり

ステルスになるものから植物を操るもの 


そして 主人公の能力は最初エラーってなって
どんなもんかわからないんですが

今のところ主人公が理解した感じは
複製という能力

主人公が構造を理解したものなら
瞬時に造ることが出来る って感じかな?

スマホだったりみたいな精密機械は出来ないみたい

まぁどうもまだ確定じゃないっぽいというか
実際銃を造ったりしてはいるんだけど
なんかそれだけじゃない的な伏線というかそんな描写が多々見られる

5巻まで読んで思ったのは
あ この能力fateの士郎じゃん って感じです

あくまで現代がベースなので
魔法的なものは少ないっぽいので造るのはもっぱら重火器ですね

今後どうなるかがあれですけどね
e0117951_03285320.png
一応その場で造れるというメリットはあるものの
ある程度の武器ならスマホを通してポイントで買えるので
これからこの能力をどう活かしていくのかが楽しみですね


と よくある異能バトル物ではあるんですが今のところ悪くない

ただまだ主人公達に目的がないというかね
5巻まで出てるんですけど、まだ巻き込まれてよく状況が分かってないって感じなので

この手のものだと例えば主催者を暴くだとか
あるいはゲームのトップを目指す とか

そういった目的がまだ見えない状態

とにかく今の状況に対応?適応?しないと生きていけないって感じで進んでいくので
この先どう展開するのかが楽しみでもあり
それ次第では一気に失速しかねない って感じです

e0117951_03353410.png
ヒロイン?的なのもいます

最初は主人公を殺しに来るけども
そのバトルが終わって主人公に惚れるぱてぃーん




[PR]

by aster-naru | 2014-11-13 03:36 | 現代視覚文化 | Comments(0)